【2021年最新】WiMAX全14社を徹底比較!選び方から手順まで解説します

WiMAXの利用を検討してみても、多くの窓口の中からどこで申し込めば良いかわからないという人が多いのではないでしょうか。

同じサービス内容に見えても、実は料金や性能はまったく異なりますので、今回はWiMAXを比較してわかった各社の違いを徹底解説します。

WiMAXはどの窓口で契約しても通信速度、機種、質は変わりませんが、プロバイダによって月額料金やキャンペーン内容が大きく違います。

そのため、以下の3点に注目して窓口を見つけましょう

選ぶポイント
  • 実質料金が安い窓口で選ぶ
  • 最新機種の端末を選ぶ
  • 自分に合ったプランを選ぼう

どこで契約してもサービス内容に違いはないので、特に実質料金が安く、ランニングコストを抑えられる窓口を選ぶことが大切です

この記事では、WiMAXを提供している全14社を徹底比較し、そこからわかったおすすめプロバイダをご紹介します!

ぜひこの記事をチェックしながら、ご自身のスタイルや考え方にマッチするプロバイダを見つけましょう!

WiMAXがおすすめの人とは?他社インターネット回線と比較

まずはWiMAXとその他のインターネット回線を比較します。

WiMAX(GMOとくとくBB)、ポケットWi-Fi(ゼウス)、ホームルーター(モバレコエアー)のデータ容量や月額料金をチェックしましょう。

【比較表】
機種 代理店 データ容量 2年間の実質料金 月額料金 平均速度 キャンペーン
WiMAX
(W06)
GMOとくとくBB WiMAX 無制限/7GB 86,785円
(無制限)
3,471円 43.67Mbps キャッシュバック
ポケットWi-Fi
(H01)
ゼウスWiFi 20GB/40GB/100GB 97,350円
(100GB)
3,894円 31.11Mbps 3ヶ月目まで月額料金割引
ホームルーター
(Airターミナル4)
モバレコエアー 無制限 76,940円 3,078円 35.2Mbps キャッシュバック

以上の結果から、それぞれをおすすめできるのは以下の人です。

WiMAXよりも料金を抑えたい人:ホームルーター
モバレコエアーで契約した場合、実質月額を大幅に抑えられます。
データ容量が少なくてもいい人:ポケットWi-Fi
表でご紹介したゼウスの場合、20GBプランから選択でき、無制限は不要という方に向いています。
速度を重視したい人:WiMAX
「みんそく」では、今回比較した3つの機種の中で最速の平均速度を出しています。
外出先でも超高速通信を楽しみたいという方には、WiMAXが最適です。

WiMAXを比較し選ぶ際の注目ポイント

比較検討する際は、以下の2点に注目することでベストな判断ができます

選ぶポイント
  • 実質料金が安い窓口で選ぶ
  • 最新機種の端末を選ぶ

どの窓口から契約しても、回線の品質や繋がりやすさなどは一切変わりません

一方でキャンペーンの中身は窓口によって変化し、実質料金は大幅に変動します。

また、機種次第で性能が異なりますので、新機種を選ぶことも重要です。

以下の項目で詳しくご説明します!

実質料金が安い窓口で選ぶ

まずは実質料金を見比べて優秀な窓口を探します

WiMAXはどの窓口を選択しても速度や質、対応エリアは一定なので、料金を重視しましょう

実質料金は、加算要素から減算要素を差し引いて計算します。

【実質料金の計算方法】
加算要素 月額料金、契約事務手数料、必須オプション費用
減算要素 キャッシュバックなどキャンペーンの割引

以上の計算法から、実質料金の安い上位7社を導き出しました!

順位 プロバイダ 実質料金(3年利用時)
1 GMOとくとくBB WiMAX 3,867円
2 Broad WiMAX 3,910円
3 DTI WiMAX 3,967円
4 カシモWiMAX 3,994円
5 EX WiMAX 4,094円
6 TikiモバイルWiMAX 4,401円
7 So-net WiMAX 4,420円

※すべて税抜き

上位だけで比較しても、1位と7位には553円という差が認められました。

詳しくは「【全14社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはここだ!」でご紹介します。

最新機種の端末を選ぶ

端末は1年刻みという単位で大きな進化を遂げています。

新しい機種ほど最大速度が速いことが多く、連続通信時間も長くなりがちです。

たとえば最大1Gbpsの通信を実現させる契約を選んでも、機種の対応速度が500Mbpsではそれ以上の速度が出ません。

WiMAXのポテンシャルを存分に引き出すためには、最新機種を選ぶことを心がけましょう

おすすめモバイルルーターなら「Speed Wi-Fi NEXT W06」がおすすめ

モバイルルーターでイチオシする機種がW06です

多くの窓口でこの機種を指定できます。

まずは主なスペックを表でチェックしてみましょう!

【スペック概要表】
項目 内容
製造会社 HUAWEI
発売日 2019年1月
サイズ 128×64×11.9mm
重さ 125g
下り最大速度 1,237Mbps
最大同時接続 16台
連続通信可能時間 約9時間

この機種をおすすめできるのは、何といっても高速通信を楽しみたい人です。

1Gbpsを余裕で超えるポテンシャルを持つため、YouTubeの4K動画や、映画やスポーツのストリーミングもスムーズに再生できます。

動画を多用するスマホゲームもサクサク進められるため、ストレスがたまりません。

おすすめホームルーターなら「Speed Wi-Fi L02」がおすすめ

インターネットを自宅で使うことが多い方には、ホームルーターのL02がイチオシです

まずは基本的なスペックをチェックしましょう。

【スペック概要表】
項目 内容
製造会社 HUAWEI
発売日 2019年1月
サイズ 93×178×93mm
重さ 436g
下り最大速度 1,237Mbps
最大同時接続 40台

回線開通工事不要で、到着したその日から高速インターネットを楽しめます。

特徴的な点としては、360度全方位をカバーする高感度アンテナを4本備えていることです。

中・弱電界のWi-Fi電波の受信速度が約30%向上し、繋がりにくい場所を生み出しません。

自宅でインターネットを楽しむことが多い方や、家族がさまざまな場所から接続できるルーターを求めている方には特におすすめです。

自分に合ったプランを選ぼう

WiMAXの料金プランは以下の2種類です。

【料金プラン】
  • ギガ放題プラン
  • ライトプラン
  • 特徴を表にまとめました。

    【特徴】
    プラン名 データ量 速度制限 制限後の速度 制限の期間
    ギガ放題 およそ月間100GB 直近3日間で10GB以上を消費 1Mbps 翌日18時~26時
    ライト 月間7GB 直近3日間で10GB以上を消費 1Mbps 翌日18時~26時

    ギガ放題プランは月間のデータ利用量が無制限ですが、3日間で1GBを超える消費を行った際のみ一時的な通信制限がかかります

    ライトプランの場合は、月間7GB以上を消費すると通信制限が発生しますが、月額料金が安くなる点がメリットです。

    7GBのプランでも、SNSのチェックや更新をしたり、WEBサイトを閲覧したりという程度であれば、1ヶ月間の容量として十分といえます。

    動画の視聴が多い人やアプリのダウンロードが多い人、スマホゲームで遊ぶことが多い人などはギガ放題を選びましょう。

    なお、制限後の速度は1Mbpsです。

    これはLINE、SNSやWEBサイトの閲覧・更新、軽いゲーム、低画質動画の再生は比較的スムーズに行える速度です。

    無制限のギガ放題プランがおすすめ

    どちらかのプランで悩んでいる方には、無制限のギガ放題プランをおすすめします。

    以下の条件に当てはまる方には特にイチオシです。

    【無制限のギガ放題プランがおすすめの人】
    • YouTubeやNetflixなどの動画サイトを利用することが多い人/li>
    • SNSで画像や動画のアップロードをする機会が多い人
    • 自宅や公共のWi-Fiを利用せずにインターネット接続することが多い人
    • データの送受信が多いスマホゲームで遊ぶことが多い人
    • アプリのダウンロード回数が多い人

    ただしギガ放題プランでも、前述した「3日で10GB」という条件を超過すると通信速度が大幅に下がります。

    この条件に到達するまでの目安は以下のとおりです。

    【10GBの目安】
    項目 目安
    ニュースサイトなどの閲覧 約66,000ページ
    メール送受信 約20,000通
    ラインの通話時間 音声通話:約400時間
    ビデオ通話:約30時間
    ネット動画の閲覧(512kbps) 約40時間
    高画質動画の閲覧(720P) 約15時間

    この目安から考える限りでは、常識的な使い方をしている範囲であれば、超過する可能性はほぼないでしょう。

    あまり使わない人なら7GBプランがおすすめ

    頻繁にインターネットを利用しない人には、月額料金が安い7GBプランがおすすめです。

    特に以下の条件にマッチする人にはイチオシできます。

    【7GBプランがおすすめの人】
    • 高画質な動画をあまり視聴しない人
    • インターネットの利用がSNSの更新やWEBサイトの閲覧で大半を占める人
    • 自宅や公共のWi-Fiに接続する機会が多い人

    注意点としては、1ヶ月で7GBの通信量を使い切ると、通信が128kbpsという低速状態に下がることです。

    これは翌月まで解除されません

    128kbpsにおいてできることを、以下の目安表からチェックしてみましょう。

    【128kbpsでできることの目安】
    項目 結果 詳細
    LINE、メール テキストメッセージなら問題なく送受信できる
    音声通話 Skypeなどを含めて問題なく行える
    SNS テキストの送受信は可能、
    画像や動画の送受信は難しい
    アプリ データの送受信が少ないアプリなら使えることがある
    動画閲覧 × 低画質も含めて視聴することはできない

    スマホキャリアの請求書等から毎月の送受信量を確認して、おおむね5GB前後に収まっているという場合は、7GBプランを選ぶと良いでしょう。

    自身の用途別に絞って選ぶ

    データ容量などだけではなく、それ以外の状況に応じた選び方をすることもポイントです。

    特に以下のようなシチュエーションが考えられます。

    【状況に応じた選び方】
    • 違約金をできるだけ減らしたい
    • クレジットカード以外の支払い方法で申し込みをしたい
    • 特典なども含めて考えたい
    • 短期間で契約したい
    • 端末購入にお金をかけたくない
    • スマホとセットでお得にならプランを選びたい

    代理店ではさまざまなキャンペーンを実施しており、他社から乗り換える際の違約金を実質負担してくれたり、端末台が無料になったりすることがあります。

    また、WiMAXの場合は、auスマホと併用すると携帯電話料金が最大1,000円割引になる「auスマホ割プラン」があり、auユーザーにとって魅力的です。

    【全14社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはここだ!

    WiMAXはどのプロバイダを選んでも通信速度や対応エリアは変わりません。

    しかし、以下のような項目はまったく異なりますので、窓口選びを慎重に行うことが大切です。

    項目 内容
    変わること 月額料金、キャンペーン、支払い方法、違約金
    変わらないこと 通信速度、通信の質、対応エリア

    各プロバイダのHPには月額料金が記されていますが、キャンペーンの割引などを差し引いた実質料金とは異なりますので、実質料金を優先して窓口選びを行いましょう

    この項目では全14社のあらゆる項目を整理して、表にまとめました!

    【全14社の比較表】
    事業者 2年間の実質料金 月額料金 端末料金 特典 支払い方法
    GMOとくとくBB WiMAX 88,390円 3,536円 無料 キャッシュバック クレジットカード
    DTI WiMAX 97,141円 3,886円 無料 クレジットカード
    口座振替
    カシモWiMAX 100,122円 4,005円 無料 クレジットカード
    Broad WiMAX 95,468円 3,819円 無料 初期費用無料
    違約金負担
    クレジットカード
    口座振替
    EX WiMAX 97,377円 3,895円 無料 初期費用無料 クレジットカード
    口座振替
    TikiモバイルWiMAX 109,725円 4,389円 無料 クレジットカード
    So-net WiMAX 105,720円 4,229円 無料 クレジットカード
    BIGLOBE WiMAX 112,492円 4,500円 21,120円 キャッシュバック クレジットカード
    口座振替
    KT WiMAX 126,500円 5,060円 16,500円 クレジットカード
    YAMADA air mobile 126,250円 5,060円 16,500円 クレジットカード
    口座振替
    エディオンネット 126,500円 5,060円 16,500円 クレジットカード
    コンビニ払い
    UQ WiMAX 132,000円 5,280円 16,500円 クレジットカード
    口座振替
    DIS mobile WiMAX 126,500円 5,060円 16,500円 クレジットカード
    ワイヤレスゲートWi-Fi 126,500円 5,060円 16,500円 クレジットカード

    以上の調査結果から、おすすめできるプロバイダは以下のとおりです。

    ※タップすると該当箇所へ飛びます

    豊富なキャンペーンを用意する窓口を希望する場合は、この中で唯一他社違約金の負担を実施しているBroad WiMAXがベストです。

    口座振替に対応するプロバイダは少数派ですが、Broad WiMAXは口座振替に対応する数少ないプロバイダのひとつでもあります。

    一方で月額料金の安さを最優先に考えるならGMOとくとくBB WiMAXが、1年後に解約する可能性があるなら1年契約ができるBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

    次の項目で、おすすめのプロバイダについてさらに詳しくご紹介します。

    月額割引などのキャンペーン豊富さなら「Broad WiMAX」

    WiMAX満足度、お客様サポート充実度という項目で3年連続No.1に輝いているプロバイダです。

    契約者数は2,000万人を突破しており、「月額最安級」でサービスを提供しています。

    Broad WiMAXの基本情報は以下のとおりです。

    【Broad WiMAXの基本情報】
    運営会社 株式会社Link Life
    支払い方法 クレジットカード
    口座振替
    主な端末 W06、HOME02
    キャンペーン ・他社違約金負担
    ・初期費用無料
    ・端末料金無料
    契約期間 3年

    月額料金に独特なシステムを導入しており、1~2ヶ月目は2,999円に割引されます。

    3ヶ月目以降も月額3,752円と他社よりも安く、ランニングコストを抑えられることがメリットです。

    さらに大きな特徴となるのが、豊富なキャンペーンを用意していることです。

    端末料金が無料になることに加えて、初期費用としてかかる最大18,857円が割引されます。

    他社違約金負担というサービスを実施しているのは、WiMAXを提供するプロバイダの中でBroad WiMAXのみです。

    他社を解約して乗り換える際にかかる違約金が、申し込みから6ヶ月後に、指定した銀行口座に振り込まれます。

    こちらのキャンペーンには、以下のような適用条件がありますので確認しておきましょう。

    【適用条件】
    • 月額最安プランにクレジットカード払いで加入する
    • 安心サポートプラスとMyBroadサポートに加入する
    • 契約開始月を含む6ヶ月末日までに退会していないこと
    • その間に料金の滞納をしていないこと

    なお、キャッシュバックで受け取れる金額は20,900円(税込み)が上限です。

    それ以上の違約金がかかった場合、差額は契約者の自己負担となるため注意しましょう。

    口座振替希望の場合もBroad WiMAXがおすすめ

    WiMAXのプロバイダは、その大半がクレジットカード払いのみに対応しています。

    口座振替ができるのはBIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX、そしてBroad WiMAXの3社のみです。

    この3社の支払い条件を抽出し、以下の表にまとめました。

    プロバイダ 追加料金 キャンペーン
    Broad WiMAX 毎月220円(支払手数料) 端末料金無料
    BIGLOBE WiMAX ・毎月220円(支払手数料)
    ・初期費用440円(代金引換手数料)
    ・端末料金(21,120円)
    キャッシュバック
    UQ WiMAX 無料 なし

    Broad WiMAXは、毎月220円の支払手数料が必要ですが、端末料金無料のキャンペーンを利用できます。

    BIGLOBEの場合は支払手数料に加えて初期費用として440円、端末料金の21,120円が請求されるため、17,000円のキャッシュバックをそれだけで使い切ってしまう計算です。

    UQ WiMAXの手数料は無料ですが、キャンペーンを利用できず、月額料金でBroad WiMAXよりも高額です。

    以上の点を考慮すると、口座振替を希望する場合はBroad WiMAXを選ぶともっともお得です!

    実質料金の安さ&高額キャッシュバックなら「GMOとくとくBB WiMAX」

    2020年オリコン顧客満足度調査において、プロバイダ広域企業第1位に2年連続で選ばれた実績を持っています。

    2021年1月時点で契約できるプロバイダの中では、もっとも実質月額が安く、ランニングコストを抑えられるプロバイダです。

    まずは基本情報を表にまとめました。

    【GMOとくとくBBの基本情報】
    運営会社 GMOインターネット株式会社
    支払い方法 クレジットカード
    主な端末 W06、WX06
    キャンペーン ・端末料金無料
    ・最大32,000円キャッシュバック
    契約期間 3年

    実質月額が最安になる理由は、最大32,000円のキャッシュバックを提供している点にあります。

    端末料金もかかりませんので、どこよりも安く契約することが可能です。

    キャッシュバックの受け取り条件は以下のとおりです。

    【適用条件】
    • GMOとくとくBBに新規で入会すること
    • その他のキャンペーンとは併用できない
    • キャンペーンページから申し込みを行うこと
    • キャッシュバック受け取りまでの間に別のインターネットサービスに変更したり、解約したりしないこと
    • 料金未納によるサービス一時中止や強制解約を受けていないこと
    • 案内メール送信日の翌月末日までに連絡をすること

    受け取りまでの手順も、順番にまとめました。

    【キャッシュバック受け取りまでの手順】
    1. 端末発送月を含む11ヶ月目に届くメールを受け取る
    2. メールに記載されているURLから口座番号の登録を行う
    3. キャッシュバックの振り込みを待つ

    受け取りの手続きを行えるのは、契約から11ヶ月目以降です。

    たとえば2021年2月に契約した場合、案内メールの到着は2021年12月頃です。

    受取期日は翌月末日までですので、上記の例の場合は2022年1月31日までに口座番号の登録を行いましょう。

    それまでの間にサービスの利用を止めたり、料金滞納をしていたりすると、キャッシュバックを受け取ることはできません。

    口座番号の登録ができるまでには約1年が必要ですので、キャンペーンの存在を忘れずにメールを確認することも大切です。

    【注意】端末によってキャッシュバックキャンペーンが変わる

    キャッシュバックの32,000円はあくまでも最大額で、選ぶ端末によってキャッシュバックの金額が変わることに注意しましょう。

    まずはキャッシュバックに対応する機種と、機種別のキャッシュバック額を一覧でご紹介します。

    【機種別のキャッシュバック額】
    端末 キャッシュバック額
    Speed Wi-Fi NEXT WX06 本体のみ 28,500円
    クレードルセット 25,000円
    WiMAX HOME 02 32,000円
    Speed Wi-Fi NEXT W06 28,500円
    Speed Wi-Fi HOME L02 30,000円

    持ち運び可能なW06、WX06の場合はキャッシュバック額が28,500円です。

    また、前述したようにキャッシュバックの受け取りにはいくつかの注意点がありますので、特に以下の点に注意しましょう。

    【注意点】
    • キャッシュバックを受け取れるのは申し込み月から11ヶ月後以降
    • 受信したメールに記載されているURLから、翌月末日までに口座番号を登録する必要がある
    • その間に解約したり、料金を滞納したりするとキャッシュバックを受け取れない

    以上の条件を満たすことで、所定額のキャッシュバックを銀行振り込みで受け取れます。

    1年以内の利用なら「BIGLOBE WiMAX」

    1年以内のワンポイントでWiMAXを利用する予定であれば、BIGLOBE WiMAXが最適です。

    こちらの特徴は最低利用期間が1年であるという点です。

    他社のように3年などの長期契約を結ぶ必要がなく、13ヶ月目以降はいつ解約しても違約金がかかりません

    BIGLOBE WiMAXの概要を表にまとめました。

    【BIGLOBE WiMAXの基本情報】
    運営会社 ビッグローブ株式会社
    支払い方法 クレジットカード、口座振替
    主な端末 W06、WX06
    キャンペーン 17,000円キャッシュバック
    契約期間 1年

    2年契約や3年契約を結ぶと、その契約期間を満了するまでの間に解約した場合、数万円単位の解約違約金が請求されます。

    BIGLOBEにも契約期間がありますが、他社よりも短い1年間ですので、あまり長くWiMAXの契約をするつもりがないという方にとって有利な条件です。

    また、2021年1月4日からキャッシュバックの条件がアップしており、サービス開始翌月に17,000円のキャッシュバックを受け取れます

    キャッシュバックの受け取り条件は以下のとおりです。

    【適用条件】
    • BIGLOBEに新規入会すること
    • 2021年2月28日までの間にデータ端末を同時に申し込むこと
    • 2021年4月30日までにサービスを開始すること
    • キャッシュバック受け取りまでの間に解約や料金の支払い遅延がないこと

    なお、キャッシュバックの受け取り方法は以下のとおりです。

    【キャッシュバック受け取りまでの手順】
    1. 特典の受け取りはサービス開始月の2日目~45日目までの間
    2. 受取期間中にBIGLOBEマイページから口座番号を登録する
    3. 口座番号の登録から数日後に支払いが行われる

    申請できる期間はサービス開始から45日目までに限られています。

    この間に忘れずにマイページにアクセスして、口座番号の登録を行いましょう

    WiMAXの申し込みから利用開始までの手順

    WiMAXを申し込む際は、以下のような手順で利用を開始します。

    1. キャンペーンページから申請を行う
      キャッシュバックなどのキャンペーンがある場合は、特設ページを経由しなければ特典を受け取れません。
      必ずプロバイダが指定するキャンペーンページにアクセスして、申し込みページから申請を行いましょう。
    2. サービス対象エリアを確認する
      WiMAXの利用可能エリアは限られていますので、自宅など利用を予定しているエリアが対象エリアかどうかをHPで確認しましょう。
      なお、GMOとくとくBB WiMAXでは20日キャンセル制度を設けており、申し込み後にサービスを利用できなかった場合には無料でキャンセルができます。
    3. 個人情報の入力を行う
      住所や電話番号、氏名などの個人情報を申し込みフォームに入力しましょう。
    4. 端末の到着後に利用を開始する
      WiMAXは工事不要ですぐに接続を開始できます。
      端末が到着した後は、各機器に接続設定を行うだけで、高速インターネット通信を楽しむことが可能です。
    5. 違約金が発生する場合は支払いを行う
      他社サービスを利用中の場合、解約時に違約金が請求されるため、各プロバイダの規約に沿った決済方法で違約金を支払います。
    まとみちゃん
    まとみちゃん

    Broad WiMAXは、最大19,000円までの違約金を負担してくれますので、非常にお得だよ!
    違約金負担キャンペーンの利用方法は、次の通りだよ♪

    【Broad WiMAXの他社違約金負担キャンペーンを利用する手順】
    1. 違約金の支払いを行う
    2. Broad WiMAXへの入会から4ヶ月以内に、Broad WiMAXに解約書類と口座番号を連絡する
    3. 口申し込みから6ヶ月後にキャッシュバックを受け取る

    キャッシュバックを受け取れるのは、申し込みから6ヶ月後です。

    それまでの間は一時的に違約金を自己負担します。

    まとめ

    WiMAXはどこで契約したとしても通信速度や品質、対応エリアには違いがありません。

    しかし、各窓口が用意するキャンペーンの内容が異なり、それによって実質料金が変動します

    プロバイダ選びのポイントとなるのは以下の3点です。

    プロバイダ選びのポイント
    • 実質料金が安い窓口を選ぶ
    • 最新機種の端末を選ぶ
    • 自分に合ったプランを選ぶ
    • 自身の用途別に絞って選ぶ

    当サイトで14社を比較した結果、以下のような結論になりました!

    ※タップすると該当箇所へ飛びます

    キャンペーンを利用する場合は、各社の特設ページから申し込む必要がありますので注意しましょう。

    違約金負担キャンペーンを利用すれば、他社との契約が残っていても、実質無料でプロバイダを乗り換えられます。