インターネット回線28社比較|あなたが申し込むべき回線はこの1社!

インターネット比較

インターネット回線は大きく、光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFiの3種類に分かれます。

それぞれおすすめできる人はどんな人かを表にまとめましたので、どれが合っているかを確認してみましょう。

光回線 ・安定した速度が欲しい人
・大容量のデータを使いたい人
・おもに自宅でのみネットを使う人
・自宅で工事ができる人
ホームルーター ・通信料金を抑えたい人
・通信速度はそこまで求めない人
・おもに自宅でのみネットを使う人
・自宅で工事ができない人
・すぐにネットを使いはじめたい人
ポケットWiFi ・通信料金を抑えたい人
・通信速度はそこまで求めない人
・外出先でネットを使いたい人
・自宅で工事ができない人
・すぐにネットを使いはじめたい人

それぞれの種類で具体的におすすめの回線は以下のとおりです。

光回線
  • ドコモユーザーなら「ドコモ光」
  • ソフトバンクユーザーなら「NURO光」
  • NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」
  • auユーザーなら「auひかり」
  • auひかりがエリア外なら地方限定の「電力系光回線」
  • 電力系光回線もエリア外なら「So-net光プラス」
  • 格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順
ホームルーター
  • 速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」
  • 月間データ容量無制限で使いたいなら「モバレコエアー」
ポケットWiFi
  • 速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」
  • あまり使わないなら20GBプランが安い「ゼウスWiFi」
  • そこそこ使うなら50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」
  • よく使うなら100GBプランが安い「Mugen WiFi」

今回は、インターネットを比較する際に確認すべきポイントと、比較した結果おすすめの会社を紹介していきます。

この記事を読めば、自分がどのインターネット回線を申し込むべきかわかるだけでなく、おすすめの申込窓口もわかるでしょう!

インターネット回線は大きく3種類に分かれる

インターネット回線は、光回線・ホームルーター・ポケットWiFiの3種類に分かれます。

これら回線の特徴を比較してみました。

どの回線が自分に合っているかを確認してみましょう。

【光回線・ホームルーター・ポケットWiFiの比較】

  データ容量制限 下り平均速度 ※ 料金 工事の有無 どんな人におすすめか

光回線 なし 253Mbps 高め 必要 ・安定した速度が欲しい人
・大容量のデータを使いたい人
・おもに自宅でのみネットを使う人
・自宅で工事ができる人
ホームルーター あり 44Mbps 安め 不要 ・通信料金を抑えたい人
・通信速度はそこまで求めない人
・おもに自宅でのみネットを使う人
・自宅で工事ができない人
・すぐにネットを使いはじめたい人
ポケットWiFi あり 32Mbps 安め 不要 ・通信料金を抑えたい人
・通信速度はそこまで求めない人
・外出先でネットを使いたい人
・自宅で工事ができない人
・すぐにネットを使いはじめたい人

※2021年2月時点のみんそくの各回線の平均速度より

今回はそれぞれの回線の種類で、おすすめ回線や申込窓口をご紹介します。

  • ドコモユーザーなら「ドコモ光」
  • ソフトバンクユーザーなら「NURO光」
  • NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」
  • auユーザーなら「auひかり」
  • auひかりがエリア外なら地方限定の「電力系光回線」
  • 電力系光回線もエリア外なら「So-net光プラス」
  • 格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順
  • 速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」
  • 月間データ容量無制限で使いたいなら「モバレコエアー」
  • 速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」
  • あまり使わないなら20GBプランが安い「ゼウスWiFi」
  • そこそこ使うなら50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」
  • よく使うなら100GBプランが安い「Mugen WiFi」
※タップでおすすめの回線にジャンプします。

この記事を読めば、あなたにぴったりのインターネット回線が見つかるでしょう!

インターネットを比較する際に確認すべき3つのポイント

インターネットを比較する際に、確認すべき重要なポイントが3つあります。

確認すべきポイント

ここでは、これらの3つのポイントについて解説します。

提供エリア

最初に確認したいのが、提供エリアです。

光回線やホームルーターは対応エリア外の場合、申し込み自体ができません。

ポケットWiFiの場合は、よく行く場所が提供エリアになっているかを確認しましょう。

「申し込んだのに使えなかった」といった事態を防ぐために、エリア確認は必ず行いましょう!

実質料金

料金を比較する際には、月額料金ではなく実質料金で比較することが重要です。

実質料金とは、実際に発生する料金や割引をすべて計算した料金のことです。

月額料金は安くても割引がない、オプション料金が高いなどの場合、実質料金が高くなってしまいます。

実質料金は、以下のように計算します。

実質料金の算出方法
  • 支払う料金:月額料金、初期費用(工事費・端末代金・事務手数料など)、オプション料金など
  • 割り引かれる料金:月額料金割引、キャッシュバック額など

実質料金={初期費用+(月額料金+オプション料金ー月額料金割引)×利用月数ーキャッシュバック額}÷利用月数

実際に発生する料金をすべて含めて計算するので、実質的な料金を比較できます。

料金を比較する際には、必ず実質料金で比較しましょう!

実測値

インターネット回線の比較の際には、通信速度も重要な要素です。

このとき、最大速度で比較するのではなく、実測値で比較しましょう。

各回線のHPなどに記載されている最大速度はあくまで理論値で、実際に最大速度が出ることはありません。

実際の速度は利用する場所や環境で大きく左右されるため、実測値で比較する必要があります。

実測値は、Twitterの口コミや、インターネットの実測値投稿サイトの「みんそく」にてチェックできます。

契約を検討している回線の実測値を確認してみましょう。

【光回線編】13社比較!おすすめインターネット回線を紹介

ここでは、光回線13社の実質料金やキャンペーン内容、通信速度などを比較してみました。

【光回線13社比較表】

光回線名 窓口名 3年実質月額料金 キャンペーン内容 セット割 最大速度 下り平均速度 ※1 提供エリア
戸建て マンション
auひかり フルコミット 4,196円 2,957円 最大60,000円円CB auスマートバリュー 1Gbps 360.66Mbps 東海・関西地域をのぞく
コミュファ光 NEXT 4,561円 5,015円 最大30,000円CB 1Gbps 403.79Mbps 中部・東海地方
NURO光 公式特設 4,484円 1,982円 最大45,000円CB おうち割 光セット 2Gbps 465.66Mbps 一部地域
ピカラ光 NEXT 4,417円 3,308円 最大25,000円CB auスマートバリュー 1Gbps 337.91Mbps 四国地方
BBIQ NEXT 4,422円 3,849円 最大30,000円CB auスマートバリュー 1Gbps 296.38Mbps 九州地方
メガエッグ NEXT 4,579円 3,509円 最大20,000円CB auスマートバリュー 1Gbps 348.43Mbps 中国地方
ソフトバンク光 NEXT 5,217円 3,718円 最大36,000円CB おうち割 光セット 1Gbps 241.51Mbps 日本全国
So-net光プラス So-net 4,932円 3,859円 月額料金割引 auスマートバリュー 1Gbps 249.18Mbps 日本全国
ビッグローブ光 NEXT 5,143円 4,073円 最大30,000円CB auスマートバリュー 1Gbps 219.85Mbps 日本全国
OCN光 公式 5,190円 4,169円 最大35,000円CB OCN光モバイル割 1Gbps 225.17Mbps 日本全国
ドコモ光 ネットナビ 5,649円 4,365円 最大20,000円CB ドコモ光セット割 1Gbps 213.56Mbps 日本全国
フレッツ光 西日本
※2
公式 6,699円 5,279円 1Gbps 215.78Mbps 日本全国
フレッツ光 東日本
※2
公式 7,195円 5,125円 1Gbps 215.78Mbps 日本全国

※価格はすべて税込
※1:2021年2月時点のみんそくより
※2:プロバイダはSo-net

光回線は、スマホとのセット割が適用されるかどうかで選ぶことをおすすめします。

スマホとのセット割を適用すれば、キャリアによってはスマホの月額料金が最大1,100円割り引きされることもあります。

家族の分も適用できるため、とてもお得ですよ。

3大キャリアのセット割について、以下の表にまとめました。

【3大キャリアのセット割の概要表】

ドコモ au ソフトバンク
セット割名 ドコモ光セット割 auスマートバリュー おうち割 光セット
最大割引額 3,850円 1,100円 1,100円
最大適用数 20回線 ※ 10回線 ※ 10回線
※離れて住む家族も適用可能

スマホキャリアごとにおすすめの光回線は、以下のとおりです。

おすすめの光回線

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモ光はドコモスマホとのセット割が適用できるので、ドコモユーザーは「ドコモ光」を選ぶとよいでしょう。

ドコモのドコモ光セット割で550円~3,850円ものスマホ料金の割引が受けられます。

【ドコモ光の概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
スマホセット割 ドコモ:最大3,850円割引される
下り平均速度 ※1 213.56Mbps
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
19,800円 16,500円
月額料金(タイプA) 5,720円 4,400円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大20,000円
2年間実質料金合計 133,780円 102,100円
2年間実質月額料金 5,351円 4,084円

※価格はすべて税込
※GMOとくとくBBから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

おすすめの申込窓口は、以下の特典を受けられる「ネットナビ」です。

  • キャッシュバック最大20,000円
  • v6プラス対応ルーターレンタルが無料

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる光回線なら、「NURO光」がおすすめです。

標準下り最大2Gpsの高速通信で実測値も速いため、快適にネットを使えるでしょう。

ただし、対応エリアが限定されているため、エリア確認は必須です。

【NURO光の概要】

対応エリア 関東、関西、東海、九州、北海道エリア
スマホセット割 ソフトバンク:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 465.66Mbps
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
44,000円 
月額料金 5,217円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大45,000円
2年間実質料金合計 96,708円
2年間実質月額料金 3,868円
※価格はすべて税込
※公式特設サイトから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

対応エリアは限られていますが、高速プランの6Gbps、10Gbpsプランもあります。

おすすめの申込窓口は、以下の特典が得られる「NURO光公式特設サイト」がおすすめです。

  • キャッシュバック最大45,000円もらえる
  • キャッシュバックはオプション不要、最短6ヶ月後にもらえる

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」

NURO光がエリア外だった場合は、ソフトバンクスマホ・ワイモバイルとのセット割が適用できる、「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンク光は光コラボ回線なので日本全国で対応しています。

【ソフトバンク光の概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
スマホセット割 ソフトバンク:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 241.51Mbps
契約期間 2年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円 
月額料金 5,720円 4,180円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大36,000円
2年間実質料金合計 117,780円 80,820円
2年間実質月額料金 4,711円 3,233円
※価格はすべて税込
※代理店NEXTから申し込みの場合

※1:2021年2月時点のみんそくより

おすすめの申込窓口は、以下の特典がもらえる「NEXT」がよいでしょう。

  • キャッシュバック最大36,000円
  • オプション加入不要で最短2ヶ月でキャッシュバックをもらえる

auユーザーなら「auひかり」

auユーザーの場合は、auスマホとのセット割が適用できる「auひかり」がおすすめです。

光コラボ回線ではなく独自回線なので、速度が安定しやすいでしょう。

ただし東海、関西エリアでは使えないので注意が必要です。

【auひかりの概要】

戸建て マンション
対応エリア 東海、関西エリアをのぞく日本全国
スマホセット割 au:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 360.66Mbps
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
41,250円 33,000円
月額料金(タイプA) 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大60,000円
2年間実質料金合計 83,990円 52,640円
2年間実質月額料金 3,360円 2,106円

※価格はすべて税込
※フルコミットから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

おすすめの申込窓口は以下の特典がもらえる、「フルコミット」です。

  • 最大60,000円のキャッシュバックがもらえる
  • オプション加入不要、最短翌月にキャッシュバックをもらえる

auひかりがエリア外なら地方限定の「電力系光回線」

「電力系光回線」とは、電力会社がエリアを限定して提供している光回線を指します。

料金が安いこと以外にも、ユーザー数が少ないことにより速度が速いというメリットもあります。

ここでご紹介する電力系光回線はauスマホとのセット割が適用できるので、auユーザーで以下のエリアにお住まいなら検討してみましょう。

おすすめの電力系光回線

【ピカラ光の概要】

※価格はすべて税込
※NEXTから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

【メガエッグの概要】

戸建て マンション
対応エリア 四国地方
スマホセット割 au:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 337.91Mbps
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 0円
工事費用 0円
月額料金 2~24ヶ月目:4,950円
25ヶ月目~:4,840円
3,740円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大25,000円
2年間実質料金合計 107,380円 80,980円
2年間実質月額料金 4,295円 3,239円

※価格はすべて税込
※NEXTから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

【BBIQの概要】

戸建て マンション
対応エリア 九州地方
スマホセット割 au:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 296.38Mbps
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 880円
工事費用 2,200円
月額料金 1~12ヶ月目:4,070円
13ヶ月目~:5,170円
1~12ヶ月目:3,300円
13ヶ月目~:4,400円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大30,000円
2年間実質料金合計 94,960円 83,020円
2年間実質月額料金 3,798円 3,321円
※価格はすべて税込
※NEXTから申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

電力系光回線もエリア外なら「So-net光プラス」

auひかりも電力系光回線もエリア外の場合は、auスマホとのセット割が適用できる「So-net光プラス」がおすすめです。

光コラボ回線なので全国で利用でき、光コラボのなかでは速度が速いといわれています。

【So-net光プラスの概要】

戸建て マンション
対応エリア 日本全国
スマホセット割 au:最大1,100円割引される
下り平均速度 ※1 249.18Mbps
契約期間 3年
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金 1~24ヶ月目:3,828円
25ヶ月目~:6,138円
1~24ヶ月目:2,728円
25ヶ月目~:4,928円
キャンペーン内容 2年間月額料金割引
2年間実質料金合計 102,234円 77,044円
2年間実質月額料金 4,089円 3,082円
※価格はすべて税込
※So-net公式から申し込みの場合
※1:2021年2月時点のみんそくより

おすすめの申込窓口は、もっとも実質料金が安い「So-net公式」です。

キャッシュバックのような申請し忘れるリスクがなく、申し込み不要の月額料金割引のため安心ですよ。

格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順

格安スマホの場合、セット割の割引額が低いため、単純に月額料金の安さや速度の速さで選ぶとよいでしょう。 

格安スマホユーザーの場合は、「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順でおすすめです。

ただしNURO光とauひかりは、対応エリアが限定されているので、注意が必要です。

【ホームルーター編】8社比較!おすすめインターネット回線を紹介

ホームルーターは大きく分けて、「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」の2種類があります。

それぞれの実質料金が安い上位4社を比較してみましょう。

【WiMAX窓口実質料金比較表】

窓口名 2年間の実質月額料金 最大速度 データ容量制限 提供エリア
WiMAX GMOとくとくBB WiMAX 3,471円 1.0Gbp
(L02)
3日で10GB サービスエリアマップで確認
DTI WiMAX 3,886円
カシモWiMAX 4,005円
Broad WiMAX 3,819円
ソフトバンクエアー Wiz 1,885円 481Mbps
(Airターミナル4)
無制限 住所別下り最大通信速度情報で確認
ACE 1,885円
モバレコエアー 3,078円
ブロードバンドナビ 3,965円

それぞれの窓口を比較した結果、実質料金の安さやキャッシュバックの受け取りやすさなどを総合的に判断した結果、以下の窓口がおすすめです。

速度を求めるのか、データ容量を求めるのかなど、目的によって窓口を選びましょう。

おすすめのホームルーター

速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」

WiMAXのほうがソフトバンクエアーよりも速度が安定しているため、速度を求めるならWiMAXがおすすめです。

ここでは、WiMAXの窓口のなかでもっとも実質料金が安い、「GMOとくとくBB WiMAX」をおすすめします。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】

対応エリア 日本全国
契約期間 3年
下り平均速度 ※1 48.27Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 1〜2ヶ月:3,969円
3〜36ヶ月:4,689円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大32,000円
3年間実質料金合計 143,065円
3年間実質月額料金 3,867円
※価格はすべて税込
※1:2021年2月時点のみんそくより

月間データ容量無制限で使いたいなら「モバレコエアー」

ソフトバンクエアーはデータ容量完全無制限で使えるので、データ容量を求めるならおすすめです。

【モバレコエアーの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 ソフトバンク
下り平均速度 ※1 38.06Mbps
データ容量 無制限
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 1〜2ヶ月:2,167円
3〜23ヶ月:3,678円
24ヶ月目~5,368円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大17,000円
3年間実質料金合計 141,356円
3年間実質月額料金 3,820円
※価格はすべて税込
※1:2021年2月時点のみんそく「ソフトバンクエアーAirターミナル4」より

おすすめの申込窓口は、キャッシュバック最大17,000円がもらえる「モバレコエアー」です。

【ポケットWiFi編】7社比較!おすすめインターネット回線を紹介

ポケットWiFiには大きく分けて、「WiMAX」と「クラウドSIM系ポケットWiFi」の2種類があります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

WiMAX
  • ギガ放題プランでデータ容量無制限
  • 3日間で10GB使うと速度制限(1Mbps)がかかる
  • 建物のなかや地下、山地などで電波が届きづらい場合がある
クラウドSIM系ポケットWiFi
  • 月間データ容量の上限が回線やプランによって決まっている
  • 速度制限は基本的にない
  • 3大キャリア回線のうち、つながりやすい回線を使うのでどこでもつながりやすい

クラウドSIM系ポケットWiFiは、回線やプランによってデータ容量が異なります。

必要なデータ容量によって選ぶとよいでしょう。

ご参考までに、3GBと10GBでできることの目安を以下の表にまとめました。

【3GBと10GBでできることの目安】

データ容量 LINEの音声通話時間 中画質の動画視聴時間
3GB 120時間 4.5時間
10GB 400時間 15時間

WiMAXとクラウドSIM系ポケットWiFiのおすすめ回線は、以下のとおりです。

おすすめのクラウドSIM系ポケットWiFi

速度を求めるなら「GMOとくとくBB WiMAX」

WiMAXは速度が安定しているので、速度を求めるならおすすめです。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】

対応エリア 日本全国
契約期間 3年
下り平均速度 ※1 48.27Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 1〜2ヶ月:3,969円
3〜36ヶ月:4,689円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大32,000円
3年間実質料金合計 143,065円
3年間実質月額料金 3,867円

※価格はすべて税込
※1:2021年2月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06の通信速度レポート」より

おすすめの申込窓口は、キャッシュバックが最大28,800円もらえる「GMOとくとくBB WiMAX」です。

ホームルーター同様で、ほかの窓口と比べて実質料金が安くおすすめですよ。

あまり使わないなら20GBプランが安い「ゼウスWiFi」

データ量をあまり使わないなら、他社の低容量プランと比較しても最安級で利用できる「ゼウスWiFi」がおすすめです。

【ゼウスWiFiの概要】

対応エリア 日本全国
契約期間 2年
下り平均速度 ※1 16.81Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 20GB:2,178円
40GB:2,948円
100GB:1~3ヶ月:3,278円、4ヶ月~:3,828円
3年間実質料金合計 20GB:83,886円
40GB:111,969円
100GB:143,286円
3年間実質月額料金 20GB:2,267円
40GB:3,026円
100GB:3,873円

※価格はすべて税込
※1:2021年2月時点のみんそく「モバイルWiFi(モバイルルーター)の通信速度レポート一覧」より

そこそこ使うなら50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」

そこそこのデータ量を使うなら、「Ex Wi-Fi」は40GB〜50GBプランのなかで最安級のポケットWiFiです。

【Ex Wi-Fiの概要】

対応エリア 日本全国
契約期間 2年
下り最大速度 150Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金(2年間契約) 50GB:2,948円
100GB:3,718円
3年間実質料金合計 50GB:112,376円
100GB:140,866円
3年間実質月額料金 50GB:3,037円
100GB:3,807円

よく使うなら100GBプランが安い「Mugen WiFi」

たくさんのデータを使いたいなら、100GB上限のなかで最安級の「Mugen WiFi」がおすすめです。

「30日間おためし全額返金キャンペーン」も実施中なので、一度試してみてから契約するのもよいでしょう。

【Mugen WiFiの概要】

対応エリア 日本全国
契約期間 2年
下り平均速度 ※1 14.43Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金
(格安プラン100GB)
3,718円
3年間実質料金合計 127,566円
3年間実質月額料金 3,448円

インターネット回線を契約する際の2つの注意点

インターネット回線を契約する際には、以下の2つの点に注意しましょう。

キャンペーンを利用して申し込む場合、申請のし忘れに注意する

キャンペーンを利用する場合、窓口によっては申請が申し込みとは別に必要な場合があります。

また、キャンペーンの申請が開通後10ヶ月目まで待つ必要がある、などという場合もあります。

このように、申請時期が離れている場合はとくに、申請のし忘れに注意しましょう。

Web窓口以外から申し込むと損をする可能性がある

Web窓口ではなく、家電量販店やショップなどから申し込むと、損をする場合があります。

具体的には「キャッシュバックがもらえない」「キャッシュバックをもらえたとしても金額が低い」「オプション加入が条件」といった例が挙げられるでしょう。

Web窓口の場合、人件費や店舗の運営費用が不要になり、その分ユーザーに還元してくれます。

そのため、Web窓口のほうがお得になることが多いです。

申し込みは、必ずお得なWeb窓口からしましょう。

インターネット回線に関するよくある質問

最後に、インターネット回線に関するよくある質問を解説していきます。

おすすめの光回線は?

光回線は、使っているスマホとのセット割が適用できるものを選びましょう。

おすすめのホームルーターは?

ホームルーターは、目的にあわせて選びましょう。ホームルーターは、目的にあわせて選びましょう。

おすすめのポケットWiFiは?

ポケットWiFiは、目的と必要なデータ容量で選びましょう。

まとめ

この記事では、インターネット回線の種類の違いや、それぞれ具体的なおすすめの回線をご紹介しました。

光回線は、スマホのセット割が使える回線を選ぶと、スマホの割引が適用される場合があるのでお得です。

スマホキャリアごとのおすすめ回線は以下のとおりです。

回線によっては対応エリアが限られているので、注意しましょう。

光回線

ホームルーター、ポケットWiFiなら、以下の回線がおすすめです。

データ容量や速度によって、ご自身に合った回線をお選びくださいね。

ホームルーター
ポケットWiFi

それぞれの回線には特徴があるので、自分にぴったりな回線はどれなのかを比較して選ぶとよいでしょう。