アパートにおすすめのインターネット回線はコレ!お得に申し込めるキャンペーン窓口も紹介

インターネットアパート

アパートでインターネットを使いたいけれど、数多い回線のなかからどれを選ぶと快適か、なにが安くてお得なのかわからないという方は多いことでしょう。

インターネット完備のアパート以外は、自分で回線や窓口を決断する必要があります。

また、入居時にネットが使える状態の物件だとしても、速度が遅いと感じた場合、自分で回線の契約をしなおすことがおすすめです。

アパートで使えるインターネット回線は、大きく分類すると下記の3種類です。

光回線 ホームルーター ポケットWiFi
メリット ・速度が速い
・容量制限がない
・工事なしで使える
・多数のデバイスに接続可能
・外出先で使える
・海外でも利用可能
デメリット ・工事が必須
・解除料が高額になりがち
・持ち運びできない
・光回線より遅い
・電池が切れると使えない
・容量制限がある
おすすめ ・速度を求める人
・通信量が多い人
・工事ができない人
・外出先で使わない人
・旅行や出張が多い人
・外でよくネットを使う人

インターネット回線の種類を絞り込んだあとは、実際契約する回線を決定しましょう。

回線別のおすすめは以下の回線です。

光回線 ➀まずは「NURO光」「auひかり」を検討
②エリア外なら下記
・ドコモユーザーなら「ドコモ光」
・ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「ソフトバンク光」
・au・格安スマホユーザーなら「So-net光プラス」
ホームルーター ・速度を重視するなら「WiMAX」
・月間データ容量無制限で使いたいなら「ソフトバンクエアー」
ポケットWiFi ・あまり使わないなら20GBプランが安い「ゼウスWiFi」
・そこそこ使うなら50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」
・よく使うなら100GBプランが安い「Mugen WiFi」

今回は、アパートで使える3つのインターネット回線と、それぞれのおすすめ回線をご紹介しています。

この記事をお読みいただければ、自分にぴったりの回線と契約窓口がわかりますよ!

まずはアパートのインターネット状況を確認

入居前に確認が必須となるのが、物件表示の「付帯設備」欄です。

この欄に以下のいずれかが記されているか確認しましょう。

記載がない場合、基本的にインターネット設備が未導入です。

大家さんに工事の許可を取って光回線を導入するか、モバイル回線を契約するかを選びましょう。

「インターネット完備」なら回線をそのまま使える

このケースでは、すでに工事もプロバイダ契約もアパート側で完了させている物件です。

利用料は無料であることが多く、入居後はLANケーブルを差し込むだけで光回線を使えます。

ただし回線速度が遅く、実用性に乏しい可能性がある点に要注意です。

実際に使ってみて不満を感じたら、自分で回線を契約しなおしましょう。

「インターネット対応」なら回線の申し込みが必要

このケースでは、付近の電柱からアパートの共用施設までは回線設備が整っています。

しかし自室まで線がつながっていないため、配線工事が必要です。

アパートによって契約できる回線が限定されており、自由に契約できない可能性がある点に注意しましょう。

仮にフレッツ光回線が通っている場合は、光コラボのなかから好きな回線を選べます。

おすすめの光コラボ回線はNURO光・auひかりがエリア外なら「光コラボ」がおすすめで紹介しています。

アパートで使える3つのインターネット回線を比較

アパートで利用可能なインターネット回線は、大きく分類すると以下の3種類です。

メリットとデメリットもあわせてご紹介します。

項目 光回線 ホームルーター ポケットWiFi
最大速度 10Gbps 1Gbps 1.2Gbps
月額料金 4,000円~5,000円 3,500円 3,500円
メリット ・速度が速い
・容量制限がない
・工事なしで使える
・多数のデバイスに接続可能
・外出先で使える
・海外でも利用可能
デメリット ・工事が必須
・解除料が高額になりがち
・持ち運びできない
・光回線より遅い
・電池が切れると使えない
・容量制限がある
※月額料金は目安

回線になにを求めるのかにより、おすすめの回線は異なります。

簡単に区分けすると、以下のように結論づけられますよ。

この先の項目で、それぞれを詳しく解説します。

速度を求めるなら「光回線」

光回線で1番の強みは速度であり、標準プランでも下り最大1Gbpsを誇ります。

回線次第では5ギガ、10ギガプランもあり、より速い回線を選ぶことも可能です。

基本的に速度制限もなく、1日に何ギガ使っても自由なので、通信量を気にする必要もありません。

ただし、契約時には工事が必要ですので、大家さんや管理会社にあらかじめ許可を取る必要があります。

メリット
  • 速度が速く安定している
  • 容量制限がなく使い放題
  • スマホとのセット割を使える回線が多い
デメリット
  • 工事が必須になる
  • 解除料が高額になりがち
  • 開通まで時間がかかる

イチオシの光回線は、アパート向けプランがおすすめの光回線5社にて詳しく解説します。

工事不要で使いたいなら「ホームルーター」

光回線の導入ができなかった場合、コンセントに挿すだけで工事せず使えるホームルーターがおすすめです。

光回線より速度は劣りますが、ポケットWiFi以上に安定性が高まります。

欠点として、使いすぎると速度制限のかかるものがあることを頭に入れておきましょう。

メリット
  • 工事なしで使える
  • 多数のデバイスに接続可能
  • ポケットWiFi以上に速度が安定する
デメリット
  • 持ち運びできない
  • 光回線より遅い
  • 使いすぎると速度制限がかかる

イチオシのホームルーターは、目的で選ぶ!おすすめのホームルーター2社でお伝えします。

外出先でも使いたいなら「ポケットWiFi」

外出先でもネットを使う機会が多いなら、持ち運び可能なポケットWiFiが最適です。

速度の安定性はホームルーターに劣るため、高画質動画のストリーミングには不向きになります。

オンラインゲームもカクカクしがちになる点に注意しましょう。

メリット
  • 外出先で使える
  • 海外でも利用可能な場合がある
  • 端末到着後すぐに使える
デメリット
  • 電池が切れると使えない
  • 容量制限がある
  • 速度の速さや安定感で光回線に及ばない

イチオシのポケットWiFiは、データ容量で選ぶ!おすすめのポケットWiFi3社で詳しくご紹介します。

アパートにおすすめの光回線5社

安定感やスピード感をお求めの場合、まずは光回線を引くことを検討しましょう。

おすすめの回線は、以下の5つです。

アパートにおすすめの光回線

回線ごとのメリットや概要を、次の項目から順に記します。

まずは「NURO光」「auひかり」を検討

フラットな状態から契約する回線を選ぶ場合、まずは速度が安定していて、実質月額料金も安い「NURO光」か「auひかり」を本命に定めましょう。

注意点は双方ともに対応エリアが限られていることで、NURO光は地方都市、auひかりは関西地方などでは契約自体が不可能です。

なお、両社ともにスマホのセット割を適用できます。

どちらも契約が可能なエリアにお住まいの場合、下記のように選ぶとトータルの通信費を削減できるのでお得になります。

スマホキャリア別おすすめ光回線

標準下り最大速度2Gbpsの高速通信「NURO光」

通常の光回線は1Gbpsが最大速度に設定されますが、「NURO光」はその2倍となる下り最大2Gbpsで通信ができる光回線です。

ソフトバンクスマホをご契約中の場合、ご本人とご家族のスマホ代が1回線あたり月額最大1,100円割引になります。

【NURO光の概要】

提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県
岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府
滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県
セット割 ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 2年
最大速度 2Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
月額料金 5,217円
キャッシュバック金額 45,000円
3年総額 165,912円
3年実質月額 4,484円
※すべて税込、公式特設ページから申し込みの場合

おすすめの契約窓口は、公式特設サイトです。

メリットとなる点をリストアップしました。

メリット
  • 45,000円のキャッシュバックをオプション不要で受け取れる
  • 基本工事費実質無料
  • 設定サポート1回無料

公式サイトということもあり、安心感を抱きながら契約できる点も魅力的でしょう。

訪問の設定サポートも1回無料で依頼可能のため、機械の設定・接続が苦手な方も安心して利用できます。

独自回線で速度が安定している「auひかり」

「auひかり」は独自回線を使用しており、コラボ光のように利用者が殺到しにくい仕組みです。

時間帯を問わず、サクサクと通信を楽しめることがメリットのひとつでしょう。

ユーザーの通信速度実測値を集計する「みんそく」では、最大1Gbpsという条件下で最速級の362.02Mbps(2021年2月現在)を記録しています。

auスマホとのセット割を適用できるので、auユーザーにもおすすめですね。

【auひかりの概要(1ギガプランの場合)】

マンションタイプ 戸建てタイプ
提供エリア ■以下の府県を除く日本全国
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県
沖縄県
セット割 au(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 33,000円 41,250円
月額料金 4,180円 1~11ヶ月目:5,610円
12~23ヶ月目:5,500円
24ヶ月目以降:5,390円
3年総額 109,400円 155,270円
3年実質月額 2,957円 4,196円
※すべて税込、フルコミットから申し込みの場合

イチオシの申込窓口は「フルコミット」です。

ここから契約を結ぶと、以下のような特典を受けてお得に契約できます。

メリット
  • 最大60,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元
  • 有料オプション加入不要
  • 工事費実質無料
  • キャッシュバックの手続きが簡単で翌月に振り込まれる

無事にauひかりの契約ができた場合の特典はもちろん、仮に対象エリア外で申し込みがNGだった場合も別回線の紹介が受けられます。

ユーザーに対して手厚いもてなしをする窓口のため、公式サイトと同様に信頼して利用できることもメリットです。

NURO光・au光がエリア外なら「光コラボ」がおすすめ

上記2つは通信速度のよい会社ですが、いずれも契約できる範囲が限られており、申し込みそのものがNGになる場合があります。

そのようなシチュエーションでは、光コラボでサービスを提供する会社を選びましょう。

過去にフレッツ光(NTT東日本・西日本)は、他の会社に向けて回線を開放し、フレッツの回線と「コラボ」してサービスを提供しはじめました。

光コラボとは、提供されたフレッツ光の回線と会社独自のサービスをあわせた光回線を指します。

日本全国に配線を行き渡らせているため、これからご紹介する光回線なら、日本中どこからでも契約できる可能性が高いでしょう。

光コラボを選択する場合は、スマホとのセット割がある会社を選ぶことで、毎月のトータルの支出を削減できます。

格安スマホの場合はセット割額が低いため、単純な実質料金を見比べて、最も安い会社を選択するとよいでしょう。

スマホキャリア別おすすめコラボ

項目ごとに詳しく概要をご紹介しましょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモのセット割を適用できる、ただひとつの光回線が「ドコモ光」です。

ドコモユーザーであれば、迷わずこちらを選びましょう。

概要は1ギガプランの料金ですが、東京都の一部のエリアにお住まいの場合、超高速の10ギガプランを選択することも可能です。

【ドコモ光の概要(1ギガプランの場合)】

マンションタイプ 戸建てタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 ドコモ(最大1,100円割引/月)
契約期間 2年
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 16,500円 19,800円
月額料金 4,400円 5,720円
3年総額 161,500円 209,020円
3年実質月額 4,365円 5,649円
※すべて税込、ネットナビから申し込みの場合

契約時の窓口としておすすめしたいのが、「ネットナビ」です。

ドコモ光の場合、他社回線と比較すると高額なキャッシュバックを提供する窓口が少ないといえますが、その他特典を多数用意して補う窓口も多く、その代表格となるのがこちらの窓口です。

ネットナビを利用するメリットは以下になります。

メリット
  • 20,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 開通前モバイルWiFiレンタル無料
  • 高性能WiFiルーター無料
  • 工事費実質無料
  • セキュリティソフト12ヶ月無料
  • 訪問サポート無料

光回線の工事に時間がかかる場合、そのあいだはインターネットを利用できない期間が発生します。

しかし、それをモバイルWiFiレンタルというかたちで補ってもらえます。

工事後は訪問サポートが無料のため、面倒な接続設定はプロに一任できます。

また、セキュリティソフトが12ヶ月無料で使えるため大変お特です。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンク、あるいはワイモバイルユーザーで、NURO光の対象エリア外にお住まいの場合は、「おうち割 光セット」で両社のスマホ代が安くなる「ソフトバンク光」が最適です。

【ソフトバンク光の概要(1ギガプランの場合)】

マンションタイプ 戸建てタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 2年
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 4,180円 5,720円
3年総額 137,580円 193,020円
3年実質月額 3,718円 5,217円
※すべて税込、NEXTから申し込みの場合

NURO光を利用できないソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合、ソフトバンク光か、auひかりなどその他光回線かという、二者択一になるかと思います。

実質料金が安いのは、戸建て・マンションともにauひかりです。

しかし、セット割を適用すると逆転できる可能性がありますので、3年総額でどちらがお得かを比較しましょう。

たとえば、ご家族2人でソフトバンクスマホをご利用中の場合、月額最大2,200円がスマホ代から割り引かれるため、年間で節約できるトータルの金額は26,400円です。

3年分に換算すると79,200円も節約することが可能なので、3年総額でお得になる金額は圧倒的にソフトバンク光が有利になるでしょう。

ソフトバンク光の契約窓口としておすすめしたいのが、「NEXT」です。

ここで契約を結ぶと、以下のような特典を受け取れます。

メリット
  • 最大36,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • SoftBank光 冬のキャッシュバックキャンペーン
  • Nintendo Switchプレゼント

NEXTでは3種類の特典を用意しており、ユーザーが自由に選択できます。

現金キャッシュバックを望まない場合、現在も入手困難なNintendo Switchをもらえますので、新しいインターネット回線を使いながらゲームも満喫できますよ。

au・格安スマホユーザーなら「So-net光プラス」

auや格安スマホユーザーには、公式サイトからさまざまな特典を受け取れる「So-net光プラス」がおすすめです。

【So-net光プラスの概要】

マンションタイプ 戸建てタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 au(最大1,100円割引/月)
契約年数 2年
最大速度 1Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 4,928円 6,138円
3年総額 142,780円 182,490円
3年実質月額 3,859円 4.932円
※すべて税込、So-net公式から申し込みの場合

So-net光プラスではauのセット割を適用できるため、auひかりの契約が不可能だったauユーザーにはぴったりです。

契約窓口としては、以下のメリットがある「So-net公式」をおすすめします。

メリット
  • ネット月額料金 割引特典
  • 工事費実質無料
  • v6プラス対応ルーター無料
  • 訪問設定サポート無料
  • セキュリティソフト無料

訪問設定やセキュリティソフトなどのサービスも魅力的ですが、とくに注目したいのはv6プラス対応のルーターを提供していることです。

まだ利用者が少なく、時間帯を問わずスイスイとつながりやすい接続方式のIPv6方式でインターネットに接続できるので、高画質動画の閲覧も快適になりますよ。

目的で選ぶ!ホームルーター2社

自宅から接続する機会が多く、光回線の工事ができない方はホームルーターを選びましょう。

大きく分けてホームルーターは「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」の2種類です。

まずは両社を比較してみましょう。

【WiMAXとソフトバンクエアーの比較表】

WiMAX ソフトバンクエアー
2年間実質月額料金 3,471円 3,078円
セット割 au ソフトバンク
データ容量制限 直近3日間で10GBまで 原則なし
最大速度 1Gbps(L02の場合) 962Mbps
平均速度 48.17Mbps 33.93Mbps
提供エリア 日本全国
※すべて税込

それぞれの特色を考慮すると、以下のように選びましょう。

おすすめのホームルーター

それぞれを詳しくご紹介します。

速度を重視するなら「WiMAX」

「WiMAX」は速度が速く、安定しています。

ただし直近3日で10GBを超える通信を行った場合、一時的に速度制限がかかることに注意しましょう。

【WiMAXの概要(ギガ放題プランの場合)】

エリア 日本全国
セット割 キャリア au
割引額 最大1,100円
契約期間 3年
最大速度 1Gbps
初期費用 手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目~:4,689円
キャッシュバック金額 32,000円
2年間の実質料金 86,785円
2年間の実質月額料金 3,471円
※すべて税込

契約窓口のイチオシは、以下のメリットをもつ「GMOとくとくBB WiMAX」です。

メリット
  • オリコン顧客満足度調査2年連続No.1
  • 最新端末すべて0円
  • 最大32,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBでは、最新端末のL02を0円で提供中です。

最大1Gbpsという光回線と変わらない規格で接続でき、高画質動画も快適に楽しめます。

月間データ容量無制限で使いたいなら「ソフトバンクエアー」

3日で10GBという制限から解放され、容量無制限で使いたいなら「ソフトバンクエアー」で決まりです。

速度ではWiMAXに及びませんが、容量を気にせず楽しめます。

【ソフトバンクエアーの概要】

エリア 日本全国
セット割 キャリア ソフトバンク
割引額 最大1,100円
契約期間 3年
最大速度 962Mbps
初期費用 手数料 3,300円
端末代 59,400円
月額料金 1ヶ月目:2,167円
2~23ヶ月目:3,678円
24ヶ月目以降:5,368円
キャッシュバック金額 17,000円
2年間の実質料金 76,940円
2年間の実質月額料金 3,078円
※すべて税込

契約窓口は、以下のメリットをもつ「モバレコエアー」を選びましょう。

メリット
  • 17,000円キャッシュバック
  • SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン
  • 端末代特別割引

引越しなどで他社違約金・撤去工事が必要になる場合、この際に請求される費用を最大10万円まで還元する「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン」を利用できます。

ソフトバンクエアーは端末代が約6万円と高額ですが、割引によって実質0円になり、負担なしで契約することも可能です。

データ容量で選ぶ!おすすめのポケットWiFi3社

外出先でインターネットを利用する機会が多いのであれば、ポケットWiFiが最適です。

ポケットWiFiは、使用するデータ容量で契約する会社を決定しましょう。

各社の概要や利用料金などは、以降の項目で詳しくお伝えします。

あまり使わないなら20GBプランが安い「ゼウスWiFi」

動画を見るのが1日に5分程度、SNSやWebサイトの閲覧が中心という方には、低用量プランのなかで最安級の、「ゼウスWiFi」がおすすめです。

【ゼウスWiFi(20GBプラン)の概要】

エリア 日本全国
セット割 キャリア
割引額
契約期間 2年
初期費用 手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 2,178円
キャッシュバック金額 0円
2年間の実質料金 57,750円
2年間の実質月額料金 2,310円
※すべて税込

自宅ではWiFiを利用していて、外出先のギガを補強するためにポケットWiFiを契約したいという方も、20GBがあればじゅうぶんです。

万が一ギガを使い切ってしまっても、2GB単位で追加購入して快適さを取り戻せますので、頻繁にWiFiを利用しないという場合はゼウスWiFiを選びましょう。

そこそこ使うなら50GBプランが安い「Ex Wi-Fi」

日頃から動画を見る機会も多く、自宅でもポケットWiFiを使ってインターネットに接続したいという場合は、50GBプランが最安級の「Ex Wi-Fi」が最適です。

【Ex Wi-Fi(50GBプラン)の概要】

エリア 日本全国
セット割 キャリア
割引額
契約期間 3年
初期費用 手数料 3,300円
端末代 0円(月額料金込)
月額料金 2,948円
キャッシュバック金額 0円
2年間の実質料金 77,000円
2年間の実質月額料金 3,080円
※すべて税込

Ex Wi-Fiでは月額料金の内訳に端末代が入っています。

すべてあわせて月額3,080円のため、月々のコストを抑えてポケットWiFiを利用できるでしょう。

よく使うなら100GBプランが安い「Mugen WiFi」

外出先からも動画閲覧を頻繁に行ったり、自宅からWiFiをパソコンにつないで使う機会が多かったりする方には、100GBプランが安い「Mugen WiFi」がおすすめです。

【Mugen WiFi(100GBプラン)の概要】

エリア 日本全国
セット割 キャリア
割引額
契約期間 2年
初期費用 手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 3,718円
キャッシュバック金額 最大10,000円
2年間の実質料金 82,950円
2年間の実質月額料金 3,318円
※すべて税込

Mugen WiFiは100GBクラスの実質月額が業界最安級であることに加えて、手厚いサービスを提供しています。

2年間の契約期間満了後、そのままMugen WiFiを使い続ける場合は、そのタイミングで販売されている最新機種へと無料交換が可能です。

また、最大10,000円のキャッシュバックや、30日間おためし体験といった全額返金キャンペーンを展開しています。

契約後に自宅で接続できなかったり、通信品質に満足できなかったりしても、30日以内に申告することで無料解約が可能です。

アパートで使うインターネット回線に関するよくある質問

最後に、アパートで使うインターネット回線に関するよくある質問にお答えします。

今回は以下の3項目をピックアップしました。

契約前にお悩みの方は、まずこのQ&Aの内容をチェックしてみましょう。

①アパートが回線の提供エリアか確認する方法は?

各回線の申込窓口で、おおよその提供エリアを確認できます。

ただしあくまでも目安であり、確実に接続可能かどうかを判断できない可能性がある点に注意しましょう。

提供エリア内の都道府県にお住まいの場合でも、特定の地域では回線を利用できないケースがあります。

各回線の公式サイトにアクセスすると、より詳しい提供エリアの確認が可能です。

アパート名を指定しての確認もできますので、申し込み前にチェックしましょう。

確実に利用できるかわからないときは、解約サポートやお試しプランのある回線を選ぶとよいでしょう。

これらのサービスを利用すると、アパートから接続できる回線の案内を受けられたり、違約金を支払わずにキャンセルできたりします。

②アパートで工事ができない場合どうすればよい?

大家さんや管理会社が光回線の導入に反対している場合、まずは工事の内容を説明しながら説得を試みましょう。

光回線の工事は大掛かりにならず、解約する際は撤去工事を行って原状回復も可能です。

ポイントを説明しながら光回線を導入したいと伝えると、大家さんから許可が下りる可能性も高まります。

それでも工事ができない場合や、アパートの設備の問題で物理的に光回線の導入が不可能な場合は、工事不要な回線を導入しましょう。

具体的にはポケットWiFiとホームルーターが選択肢になり、それぞれ以下のようなタイプの方におすすめです。

おすすめの回線
  • ポケットWiFi:外出先でも頻繁にインターネット回線を利用したい人
  • ホームルーター:外出先はスマホキャリアの容量があればじゅうぶんで、おもに自宅からインターネット回線を利用したい人

おすすめは、目的で選ぶ!おすすめのホームルーター2社と、データ容量で選ぶ!おすすめのポケットWiFi3社から確認できます。

③アパートの無料インターネットが遅い場合は?

アパートの無料インターネットは、集合住宅向けの最大速度が遅い回線を使用していることや、多数の住民が同時に接続して回線が重くなることが原因で、速度が出にくくなっています。

この場合の改善策として、以下の3点を試してみましょう。

  • IPv6プラスの申し込みをする
  • ルーターや接続端末を再起動してみる
  • 通信障害が起きていないかネットで確認する

IPv6プラスの申し込めるプロバイダの場合は、混雑していない接続方式を利用できます。

IPv6プラスに対応するルーターを入手しましょう。

なお既存のルーターを利用する場合は、機器や接続端末を再起動するだけでも快適さが増すことがあります。

普段はスムーズに接続できるにもかかわらず、回線が突然遅くなってしまったという場合は、通信障害の有無を確認してみましょう。

上記を試してみても改善しない場合は、自分自身で速度の速い回線を契約するほかありません。

月額料金や契約にかかる費用はすべて自分で支払うことになりますが、実測値の速い回線を選ぶことによってスムーズな接続ができます。

ただし勝手に工事をしてしまうと、管理会社や大家さんとのトラブルに発展する確率が非常に高いでしょう。

「工事を行って光回線を利用したい」という旨をあらかじめ管理会社などに伝えて、許可をもらってから新規契約の申し込みを行いましょう。

まとめ

アパートでインターネットを利用できるかどうかは、まず物件表示の「付帯設備」欄から確認します。

「インターネット完備」の場合は新規契約が不要ですが、「インターネット対応」なら新規申し込みが必要です。

また、この欄が未記入の場合、モバイルWiFiの契約か、光回線を引くための工事が必要になります。

アパートで使えるインターネット回線の種類と、それぞれのおすすめ回線は以下のとおりです。

おすすめの回線

光回線とホームルーターは、契約する窓口によってキャンペーンが違い、実質料金が大きく変動するため、お得な窓口を選ぶことが大切です。

ポケットWiFiの場合は、利用するギガの容量を考慮したうえで、各クラスで実質月額料金が安い会社を選びましょう。

契約の申し込みをする前に、まずはアパートが回線の提供エリアかどうか、窓口や公式サイトのエリア検索で確認しましょう。

大家さんに掛け合っても工事ができない場合は、工事が不要なホームルーターか、ポケットWiFiのいずれかを選んで契約します。

アパートで導入済みのインターネット回線が遅い場合は、v6プラスへの変更などを試みたうえで、管理会社の許可を得てから自分で回線を契約しましょう。