auひかりプロバイダ全8社を比較!お得に契約するならココだ!

auひかりを契約するにあたって、プロバイダはどこを選べばいいのか迷っている方もいるでしょう。

auひかりで契約できるプロバイダは、全部で8社あります。

auひかりプロバイダ料金はネット月額料金に含まれており、プロバイダごとのサービス内容の違いもそんなにないので、プロバイダを選ぶ際は申し込みの際のキャンペーンに注目しましょう。

申し込みキャンペーンを比較した結果、auひかりのプロバイダは、GMOとくとくBBSo-netにすると、キャッシュバック・割引金額を多く受け取れます。

プロバイダをSo-netにする場合は、代理店フルコミットからの申し込みでも、最大60,000円のキャッシュバックが最短4ヶ月後に受け取れます。

どの窓口から申し込めばいいかは、下記の基準で選んでみてください。

今回はauひかりのプロバイダについて、全8社のサービスの違いやお得な申込窓口、auひかりでのプロバイダ変更の方法についてご紹介します。

auひかりのプロバイダは全8社

auひかりのプロバイダは、8社からお好きなところを選んで契約できます。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
そもそも光回線を契約する際に必要になってくる「プロバイダ」って、一体何なの?
プロバイダとは
auひかりプロバイダ
出典:auひかり公式サイト

回線を通して自宅のパソコンなどをインターネットにつないでくれる、接続事業者のこと。
ISP(インターネットサービスプロバイダの略)とも呼ばれる。

auひかり自体は「回線業者」のひとつで、その光ファイバー回線を実際にインターネットに接続するには、プロバイダが欠かせないということです。

auひかりのプロバイダは以下の8社です。

  • @nifty
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • GMOとくとくBB

auひかりのプロバイダ料金は月額料金に含まれている

auひかりは月額料金にプロバイダ料金が含まれています。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
フレッツ光はプロバイダ料金が別にかかっていたから、プロバイダ料金込みなのはとても嬉しいね!

ちなみにauひかりの月額料金は、以下の通りですよ。

<auひかりの月額基本料>
プラン名月額基本料契約期間
【ホーム】
ずっとギガ得プラン
1年目
5,100円
2年目
5,000円
3年目
4,900円
3年
【ホーム】
ギガ得プラン
5,200円2年
【ホーム】
標準プラン
6,300円なし
【マンション】
お得プランA
3,400~5,000円2年
【マンション】
標準プラン
3,400~5,000円なし

※マンションタイプの月額基本料は、建物によって異なります
※マンションお得プランAの場合、「おうちトラブルサポート」が無料でつきます
※タイプG・都市機構Gの場合、お得プランの方が標準プランより安くなります

プロバイダのサービス内容自体には大きく違いがない!

実は、プロバイダごとのサービスの違いは、そんなに目立つものはありません。

プロバイダメールやセキュリティなどのサービス内容について、プロバイダごとにまとめた以下の表をご覧ください。

<auひかりプロバイダのサービス一覧>
無料
アドレス数
メール
容量
無料HPセキュリティリモートサポート出張サポート
@nifty1つ5GBまで無料×500円/月500円/月+500円/10分6,800円~
@TCOM1つ無制限490円/月500円/月6,800円~
ASAHIネット6つ無制限500円/月6,800円~
au one net5つ5GBまで
無料
×300円/月500円/月6,800円~
BIGLOBE5つ5GBまで
無料
380円/月475円/月初回訪問の翌月末まで無料
DTI1つ5GBまで無料無料6,800円~
So-net4つ無制限500円/月300円/月9,800円~
GMOとくとくBB15つ無制限500円/月7,400円~

※2020年6月時点の情報です
※出張サポートについては、基本的なインターネット接続設定の料金を記載しています

上記を見る限り、プロバイダごとのサービスにそれほど大きな違いはないといえます。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
サービス内容について見ても、何だかピンとこない…
なんとなく、無料アドレス数メールボックス容量・セキュリティは重視した方がいい気がするかな~?

しかしメールアドレスや容量については、プロバイダメールに頼らなくても、GmailやYahoo!メールなどで無料でアドレス取得すれば事足りますよ。

またセキュリティサービスについても、別途ソフトを購入してダウンロードすれば解決しますね。

その他のホームページ作成サービスやリモート・出張サポートサービスについては、利用しない方も多いことでしょう。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
たしかにそう考えてみると、プロバイダごとのサービス自体には、大きな違いもない上にそれほど重視しなくてもいいといえるね!

プロバイダは申し込み時のキャンペーンで選ぼう

auひかりのプロバイダは、具体的にどのような基準で選ぶのがいいのでしょうか?

結論からいうと、auひかりのプロバイダは申込時のキャンペーンによって選ぶのがいいですよ。

キャッシュバックや月額料金割引などの申込キャンペーンは、プロバイダによって大きく変わってくるので、よく検討することが大事です。

auひかりの申込窓口別のキャンペーンについて比較し、以下についてオススメの順に並べてみました。

<auひかりの申込窓口比較表>
窓口名実質月額料金キャンペーン合計受取時期プロバイダキャンペーン条件手続き方法
GMOとくとくBB
(CB)
3,247円最大61,000円CB2回に分けられる
・12ヶ月目
・24ヶ月目
GMOとくとくBBネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大51,000円)
11ヶ月目、23ヶ月目にメールで申請
GMOとくとくBB
(割引)
3,417円最大34,900円割引
+20,000円CB
2回に分けられる
・12ヶ月目
・24ヶ月目
GMOとくとくBBネット+ひかり電話11ヶ月目、23ヶ月目にメールで申請
So-net3,467円最大合計53,100円割引開通月より適用So-netネット自動的に適用
代理店
フルコミット
3,761円最大60,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
So-netネット+ひかり電話
(ネットのみだと50,000円)
①申し込みの電話口
②契約後に届く書類に沿って申請
代理店
NEXT
3,983円最大52,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
So-net・BIGLOBE・@niftyのどれかネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大45,000円)
①申し込みの電話口
②メールに沿って手続き
代理店NNコミュニケーションズ3,983円最大52,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
So-net・BIGLOBE・@niftyのどれかネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大45,000円)
①申し込みの電話口
②メールに沿って手続き
BIGLOBE
(CB)
4,039円最大50,000円CB2回に分けられる
・11ヶ月目
・24ヶ月目
BIGLOBEネット11ヶ月目、24ヶ月目にマイページで申請
BIGLOBE
(割引)
4,847円最大合計3,400円割引開通月より適用BIGLOBEネット自動的に適用
@nifty4,594円最大合計4,500円割引
+30,000円CB
2回に分けられる
・12ヶ月目
・24ヶ月目
@niftyネット11ヶ月目、23ヶ月目にメールで申請
ASAHIネット5,376円最大合計9,000円割引開通月より適用ASAHIネットネット自動的に適用
@TCOM5,428円最大合計4,500円割引開通月より適用@TCOMネット自動的に適用
DTI4,372円最大38,000円CB13ヶ月目以降DTIネット13ヶ月目にメールで申請
au one net5,150円最大10,000円CB+10,000ポイントポイント:最短翌月末、
CB:4ヶ月目
au one netネット+ひかり電話au ID設定済みのau WALLETに振込される

※2020年6月時点の情報
※実質月額料金:事務手数料+auひかりホーム月額料金(ネット+電話)36ヶ月分-CB料金/36
※月額料金割引の場合は、割引後の価格で算出
※CB=キャッシュバックのこと
※キャッシュバック・割引金額は、窓口の独自キャンペーン額のみを算出

上記の表でみると、auひかりの申込窓口は、GMOとくとくBBもしくはSo-netを選択するとキャッシュバック・割引金額が高額になってオススメといえます。

2社のうちどちらを選ぶべきかは、以下のキャンペーンの違いで判断してくださいね。

auひかりのオススメプロバイダ

  • GMOとくとくBB:とにかく実質利用料金が安くなる
  • So-net:月額料金割引のためキャンペーンが受けやすい

プロバイダをSo-netにする場合は、代理店フルコミットからの申し込みも、最短4ヶ月後に最大60,000円のキャッシュバックが受け取れるのでお得に契約できますよ。

各オススメ窓口の詳細について、それぞれご紹介していきましょう。

とにかく実質利用料金を安くしたいならGMOとくとくBB

出典:GMOとくとくBB公式サイト

各窓口の、キャッシュバック・月額割引キャンペーンを考慮しての実質利用料金を計算した結果、GMOとくとくBBがもっとも実質料金が安く済ませられるということがわかりました。

GMOとくとくBBには、高額キャッシュバック窓口月額料金割引窓口のふたつがあります。

2020年6月時点の情報で、auひかりのホーム・マンションタイプどちらについても、より実質利用料金を安くできるのは、高額キャッシュバック窓口の方です。

まずは、GMOとくとくBBの高額キャッシュバック窓口のキャンペーン内容について、ご紹介していきましょう。

高額キャッシュバック窓口のキャッシュバック金額について、以下の表にてまとめてみました。

<GMOとくとくBB(CB)のキャッシュバック金額>
ホームタイプ
ずっとギガ得プラン・ギガ得プラン12ヶ月目:30,500円
24ヶ月目:30,500円
標準プラン12ヶ月目:10,000円
24ヶ月目:10,000円
マンションタイプ
お得プラン・お得プランA12ヶ月目:25,500円
24ヶ月目:25,500円
標準プラン12ヶ月目:10,000円
24ヶ月目:10,000円

※2020年6月時点の情報です
※キャッシュバックは、ネット+ひかり電話を契約した場合の金額です
※ひかり電話なしの場合は、2回分の合計金額から10,000円減額されます

ホームタイプ・マンションタイプともに、キャッシュバックの受取りは2回に分かれます。

開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に、基本メールアドレス宛に届くキャッシュバック振込口座の確認メールに返信すると、それぞれ翌月末日(営業日)に口座振り込みされますよ。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
キャッシュバックの振込口座確認メールは、GMOとくとくBB入会時に作ったメールアドレスに届くので、注意してね!

またキャッシュバックだけではなく、月額料金割引も受けたいという方は、月額料金割引窓口を検討してみましょう。

<GMOとくとくBB(割引)のキャンペーン>
ホーム(ずっとギガ得プラン)
月額料金割引2~36ヶ月目:5,100円→4,000円
キャッシュバック12ヶ月目:10,000円
24ヶ月目:10,000円
マンション(お得プラン・お得プランA)
月額料金割引2~24ヶ月目:3,800円→2,600円
キャッシュバック12ヶ月目:5,000円

※2020年6月時点の情報
※マンションタイプv16の場合の金額を記載
※キャッシュバックは、ネット+ひかり電話を契約した場合の金額

GMOとくとくBBの月額割引窓口では、月額料金割引キャンペーンが適用されるうえ、さらにキャッシュバックも受け取ることができます。

ホームタイプの契約では、開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に届くキャッシュバック振込口座の確認メールに返信することで、それぞれ翌月末日(営業日)に口座振り込みされますよ。

マンションタイプでは、キャッシュバック申請は11ヶ月目のみです。

実質月額料金をとにかく安くしたい方は、ぜひGMOとくとくBBからauひかりを申し込んでくださいね。

確実に月額料金を安くしたいならSo-net公式

auひかりSo-net
出典:So-net公式サイト

auひかりの月額料金を確実に安くしたいなら、So-netからのお申し込みがオススメです。

So-netでは月額料金割引キャンペーンを実施しており、3年間で最大合計53,100円分も安くauひかりを利用できます。

<ホームタイプ:月額割引額>
契約期間割引額/月割引後月額料金
1~11ヶ月目-2,245円3,480円
12~23ヶ月目-2,145円3,480円
24~36ヶ月目-2,045円3,480円

※2020年6月時点の情報
※ずっとギガ得プラン(3年契約)の場合

<マンションタイプ:月額割引額>
契約期間割引額/月割引後月額料金
1~24ヶ月目3,070円1,580~2,280円

※2020年6月時点の情報
※割引後月額料金は建物によって異なります(お得プランの金額を記載)
※マンションF(S)の場合は割引額が異なります
※マンションミニギガの場合は含めません

キャンペーンを適用することで、ホームタイプでは3,480円で、マンションタイプV16ではなんと1,980円でauひかりが利用できるようになります。

割引キャンペーンはSo-netからauひかりを申し込むことで自動的に適用されますので、申請を忘れて損することもありません。

キャッシュバックの手続きが面倒な方や、申請を忘れそうで不安な方には、So-netからの申し込みがオススメといえますよ。

他にもKDDI主催のキャンペーンにて、ひかり電話の月額利用料が60ヶ月無料になったり、テレビサービス料金が割引されます。

auひかり×So-netのKDDI主催キャンペーン

  • ひかり電話月額利用料(通常500円)が60ヶ月無料(戸建ての場合)
  • テレビサービス プラチナセレクトパック最大2ヶ月無料

代理店フルコミットなら最大60,000円の高額キャッシュバックがもらえる

auひかりフルコミット
出典:フルコミット公式サイト

なるべく早い時期にキャッシュバックをもらいたいのであれば、正規代理店フルコミットからのauひかり申し込みがオススメです。

<フルコミットのキャンペーン情報>
キャッシュバック金額最大60,000円
適用条件ネット+ひかり電話
契約プロバイダSo-net
受取時期2回に分けられる
・最短翌月末
・最短4ヶ月後

※2020年6月時点の情報
※CB=キャッシュバックのこと
※上記に加え、auひかり公式キャンペーンが受けられます
※ネットのみの契約の場合、キャッシュバック額は50,000円

フルコミットでは、最短翌月末に最大60,000円ものキャッシュバックを受け取れます。

光ネットとひかり電話の契約で60,000円が、光ネットのみの契約でも50,000円のキャッシュバックがもらえます。

ひかり電話は、スマホとのセット割である「auスマートバリュー」や、「工事費実質無料キャンペーン」を適用させるために必要ですので加入しておいても損はありませんよ。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
auスマートバリューは、auスマホ月額料金が1台あたり500~1,000円も安くなるから、ひかり電話基本料がかかったとしてもお得になるケースが多いよ!

キャッシュバックは、代理店フルコミットから振り込まれる分と、プロバイダSo-netから振り込まれる分の2回に分けられます。

<auひかり申込キャッシュバック>
特典元振り込み時期申請方法
フルコミット最短翌月末電話口で完了
So-net最短4ヶ月後契約後に届く書類に沿って申請

振り込みは2回に分かれるものの、他窓口よりも速い「最短翌月末」戸建てタイプは35,000円、マンションタイプは40,000円がまず振り込まれます。(ネットのみの場合は戸建て25,000円、マンション30,000円)

この点は代理店フルコミットの大きな魅力といえますよ。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
フルコミットからのキャッシュバック申請は、申し込みの電話口でオペレーターに口座情報を伝えるだけで完了するから、とても簡単だよ!

代理店からの申し込みって安全なの?

au公式や提携プロバイダではなく、代理店から申し込むことにひょっとしたら不安を感じている方もいるかもしれません。

キャッシュバックが受け取れなかったり、詐欺まがいの被害に遭ったという口コミを聞いたりもしますよね。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
代理店の被害に遭って、損しちゃうのだけは避けたいよ~

しかしそのような悪質な代理店はごくわずか。

代理店の中にはキャンペーンをきちんと受けられる、安心できる優良代理店もたくさんあるので、選び方さえ間違えなければ心配ありませんよ。

代理店選びの際は、安全かどうかを見分けるポイントとして、以下の点に注目しましょう。

代理店選びのポイント

  • 代理店の独自キャンペーンの金額が高いかどうか
  • キャッシュバックの適用条件は簡単かどうか

代理店の中には、auひかりの公式特典の金額分もプラスした金額をキャンペーン金額として記載しているところも多いです。

auひかりの申込キャッシュバック金額は、最大でも60,000円前後が一般的です。

ですので「auひかりの申し込みで10万円プレゼント」というような広告を打ち出している代理店は、ほぼ公式特典の金額分もプラスしていると考えていいでしょう。

キャッシュバック金額にプラスされている公式特典の例

  • 初期費用相当額割引キャンペーン(最大37,500円割引)
  • auひかり新スタートサポート(最大30,000円還元)

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
上記二つの公式特典で67,500円分と考えて、実際の代理店キャッシュバック額を計算すると30,000円ほどだったりするから注意が必要だね…!

またキャッシュバックなどのキャンペーン適用条件をチェックして、なるべく簡単なところを選ぶのも大事なポイントです。

auひかりをはじめとした光回線のキャンペーンを受けるには、適用条件が設定されていますが、代理店によってはキャッシュバック適用条件が厳しいところもあります。

キャッシュバック適用条件が厳しい例

  • 指定オプションの加入必須
    (セキュリティセット・お助けサポート・あんしんバックアップなど)
  • 問い合わせも含めた即日申込が条件
  • キャッシュバック受取りが1年先
  • 知人紹介ひとりあたり〇〇円追加キャッシュバックなど

指定オプションは「3ヶ月ほどの無料期間」が設定されていることも多いですが、無料期間以降は当然料金がかかってくるので、解約を忘れると高額な料金が請求されてしまいます。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
オプションは一つあたり数百円だけど、たくさん契約してるとかなりの額になっちゃう…!

またキャッシュバック受取りが1年以上先になると、申請を忘れて結局もらえないといったことにもなりかねません。

こうした厳しい条件の代理店は、たとえキャッシュバック額が高額だとしても、できるだけ避けたほうがいいといえますね。

ちなみに代理店フルコミットでの申し込みでは、最大60,000円のキャッシュバックがもらえますが、適用条件は「ネット+ひかり電話の加入」のみです。
(ネットのみの契約では、キャッシュバック額最大50,000円)

キャッシュバック申請から受け取りまでも4ヶ月以内に完了するので、もらい忘れの心配もありません。

早めにキャッシュバックをもらいたい方は、ぜひフルコミットからの申し込みをオススメします。

auひかりでのプロバイダ変更は原則不可!

auひかりを利用中にプロバイダを変更したい場合、手続きできるのでしょうか?

残念ながら、auひかりでは「プロバイダのみの変更は原則不可」です。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
たとえばフレッツ光やドコモ光では、プロバイダ変更できるのに残念だなー

どうしてもauひかりでプロバイダを変更したい場合は、一度auひかりを解約する必要があります。

くわしくは以下でご紹介していきましょう。

どうしてもプロバイダ変更したいなら「一度auひかりを解約して再契約」

auひかりでプロバイダを変更したい場合は、「一度auひかりを解約して別のプロバイダで再契約する」しか方法がありません。

この場合、違約金やホームプランであれば28,800円の回線撤去費用が必ずかかってしまいます。
(※撤去費用は2018年3月1日以降に申し込みをしていた場合)

ちなみにauひかりの違約金は以下の通りです。

<auひかりの違約金(契約解除料)>
【ホーム】
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
15,000円
【ホーム】
ギガ得プラン
(2年契約)
9,500円
【マンション】
タイプG・都市機構G
お得プランA
(2年契約)
9,500円
【マンション】
上記以外のタイプ
お得プランA
(2年契約)
7,000円

※標準プランの場合や、契約更新期間に解約した場合は無料

このほか、auひかりを再契約する際の開通工事費用や契約事務手数料もかかってきますので、よっぽどの理由がない限りプロバイダ変更はしない方がいいといえます。

光回線を乗り換えるのもアリ

auひかりでプロバイダ変更を考えていた方の中には、「速度が遅いからプロバイダを変更したい」という方もいることでしょう。

しかしauひかりのプロバイダは大手が多く、設備もきちんと整えられているでしょうし、プロバイダにを変えたからといって速度が大きく変わるということはあまり考えられません。

そのため速度を改善したいのであれば、思い切って光回線ごと乗り換えてしまう方がいいでしょう。

速度が速い光回線をお探しの方には、「NURO光」をぜひともオススメします。

NURO光は、通常プランでも最大2Gbpsの通信速度を誇る光回線で、月額料金もホームタイプで4,743円と、auひかりと比べて少し安く設定されているほどです。

ただしNURO光は、提供エリアが限られているので、事前のエリア確認は忘れないようにしてくださいね。

NURO光の提供エリア
出典:NURO光公式サイト

NURO光はSo-net公式の特設サイトからの申し込みで、最大45,000円のキャッシュバックが開通から2ヶ月後に受け取れます。

まとめ

auひかりで契約できるプロバイダは、全部で8社あります。

auひかりプロバイダ料金はネット月額料金に含まれており、プロバイダごとのサービス内容の違いもそんなにないので、プロバイダを選ぶ際は申し込みの際のキャンペーンに注目しましょう。

auひかりの申込窓口のキャンペーン内容を比較した結果、以下の2つのプロバイダがキャッシュバックや割引金額が高額のため、お得に契約できるとわかりましたよ。

auひかりのオススメプロバイダ

  • GMOとくとくBB
  • So-net

またプロバイダをSo-netにする場合は、代理店フルコミットからの申し込みでも、最大60,000円のキャッシュバックが最短4ヶ月後に受け取れます。

どの窓口から申し込めばいいかは、下記の基準で選んでみてください。

auひかりオススメ申し込み窓口

  • GMOとくとくBB:とにかく実質利用料金を安くしたい方向け
  • So-net:月額料金割引で確実に安くしたい方向け、キャンペーン申請が不要
  • フルコミット:早い時期に高額キャッシュバックを受け取りたい方向け

また、auひかりでプロバイダのみを変更することは原則不可能です。

どうしてもプロバイダを変更したい場合は、「一度auひかりを解約して再契約する」必要があり、違約金や撤去工事費用のほか、再契約した際の初期費用がかかってしまいます。

もしプロバイダを変更したい理由が「速度を改善したい」というものであれば、NURO光などの他社光回線に乗り換えるのも方法の一つです。

今回の記事を参考に、ぜひご自身にぴったり合うauひかりのプロバイダを選んでみてくださいね!