auひかりの料金入門!実際のところ安く使えるの?

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
auひかりの料金は安いって聞いたんだけど、本当かな~?

auひかりの料金について、実際のところ高いのか安いのか、気になっている方も多いことでしょう。

auひかりはauスマートバリューや申込キャッシュバックなどの各種キャンペーンが充実して、安く利用できる光回線の一つです。

とくにauスマートバリューを適用すると、毎月の通信費を大幅に安くすることができるため、auスマホをお持ちの方にはとくにオススメです。

<auひかりの料金>
ホーム月額料金5,100円
マンション月額料金3,400~5,000円
申込キャッシュバック60,000円(※1)
スマホセット割auスマホ料金が毎月500~1,000円割引(※2)
初期工事費用ひかり電話加入により実質無料
※1:代理店フルコミットの場合
※2:10台まで適用可能
auひかりオススメ申込窓口
  • GMOとくとくBB:auひかりの実質利用料金をもっとも安くできる
  • So-net
    月額料金割引で確実に安くなる、キャンペーン申請が不要
  • 代理店フルコミット
    最大60,000円の高額キャッシュバックが最短4ヶ月後にもらえる

今回はauひかりの利用料金について実際のところどうなのか、auひかりをお得に利用する方法についてご紹介していきます。

auひかりの料金の内訳

auひかりの月額料金にはプロバイダ料金が含まれているため、ホームタイプの場合は月額5,100円から、インターネットを利用できます。

auひかりの利用にかかる料金の内訳としては以下の通りです。

<auひかり料金の内訳>
月額基本料ホーム
5,100円
マンション
3,400~5,000円
ひかり電話利用料500円
ひかり電話通話料8円/3分
テレビ利用料500円~
初期費用(工事費)分割代金625円×60回
(キャンペーンにより無料に)

※ホームタイプはギガ得プラン・契約1年目の場合
※金額は税抜

それぞれの項目について、くわしくご紹介していきましょう。

【月額基本料】住まいは戸建て?それともマンション?

auひかりには大きく分けて戸建て住宅向けの「ホームタイプ」と、集合住宅向けの「マンションタイプ」の二つがあります。

ホームタイプは契約期間の縛り別の3つのプランの中から、お好きなものを選べます。

<auひかりホームの月額基本料>
月額基本料契約期間
ずっとギガ得プラン1年目
5,100円
2年目
5,000円
3年目
4,900円
3年
ギガ得プラン5,200円2年
標準プラン6,300円なし
https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
どのプランにしようか迷った際は、「ずっとギガ得プラン」を選ぶのがオススメだよ!

ずっとギガ得プラン

  • 契約期間の縛りがあるが月額料金が安い
  • 解約違約金を負担してくれる「auひかり新スタートサポート」キャンペーンの条件でもある

マンションタイプは、建物の配線方式によって細かく7つのプランに分かれています。

<auひかりマンションの月額基本料>
月額基本料下り最大速度
タイプG
(VDSL)
16戸以上
3,800円
8戸以上
4,100円
664Mbps
タイプV
(VDSL)
16戸以上
3,800円
8戸以上
4,100円
100Mbps
都市機構
(VDSL)
3,800円100Mbps
都市機構G
(VDSL)
3,800円664Mbps
タイプE
(LAN)
16戸以上
3,400円
8戸以上
3,700円
100Mbps
タイプF
(光ファイバー)
3,900円100Mbps
マンションギガ
(光ファイバー)
4,050円1Gbps
マンションミニギガ
(光ファイバー)
5,000円1Gbps

※お得プランAを選択した場合の金額
※タイプG・V・Eについては、建物全体での見込み契約数によって変わります

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
契約できるマンションタイプは、建物の配線方式によって自動的に決まるよ!
注意

auひかりマンションは、細かいタイプ(料金・速度)が選べない

自分の契約先の建物がどのタイプに該当しているかについては、au公式ホームページから確認できます。

【オプション】ひかり電話・ひかりTV

auひかりでは、電話やテレビサービスも利用できます。

auひかり電話の料金

基本利用料:月額500円
+別途、通話料 8円/3分 など
※参考:NTT固定電話の月額基本料は約1,500円

現在NTTの固定電話を利用中の方は、電話番号をそのままにauひかり電話に変更(番号ポータビリティ)できます。

またauひかり電話では有料で「着信転送」(月額500円)、「迷惑電話 発着信ブロック」(月額300円)などのオプションサービスも提供しています。

ひかり電話は「工事費実質無料キャンペーン」や「auスマートバリュー」を適用するための条件でもありますので、ぜひ加入の検討をしてみてくださいね。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
auスマートバリューは、auスマホ月額料金が1台あたり500~1,000円も安くなるから、ひかり電話基本料がかかったとしてもお得になるケースが多いよ!

auひかりテレビの料金

基本利用料:月額500円
+各チャンネル料(月額634円~1,980円)

auひかりテレビは、基本利用料で「セットトップボックス」という機器をレンタルし、各チャンネルパックに加入することで利用できます。

auひかりテレビで加入できるチャンネルパックは以下の3つです。

サービス名月額料金特長
ジャンル
パック
1,480円好みのジャンルからひとつ選べる(6chほど)
プラチナ
セレクト
パック
1,980円映画・アニメ・スポーツ・ドラマ・エンタメ・ライフの全ジャンルが見られる(42ch)
ミュージックセレクト
パック
634円音楽に特化した4ch

迷った場合は全ジャンルの番組が見られる「プラチナセレクトパック」にするといいでしょう。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
ただしauひかりテレビは、チャンネルパックに加入してテレビを視聴するサービスだから、そのままでは地デジ視聴ができないので、注意してね!
注意

auひかりテレビでは地デジ視聴はできない
※地デジを見るには別途アンテナを建てる必要があります

【初期費用】工事費は実質無料

auひかりを導入するにあたって、開通工事が必要になります。

しかしひかり電話に加入すると工事費実質無料キャンペーンが適用でき、工事にかかる初期費用は実質無料となります。

初期費用相当額割引キャンペーン

開通工事費用分の金額を月額料金から割引してくれる
※ネット+ひかり電話への加入が必要
※プロバイダによって各種条件が異なります

通常かかる工事費は以下の通り。

ホームタイプマンションタイプ
一括払い37,500円30,000円
分割払い625円×60ヶ月1,250円×24か月

※開通工事日が土日祝日の場合、追加費用3,000円
※2018年3月1日以降の契約者の場合の金額

上記の金額のうち、分割払いの金額(625円もしくは1,250円)を毎月割引してくれるので、工事費用支払いが完了するころには初期費用が実質無料になるということです。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
3万円を超える工事費用が実質無料になるのは、とても助かるー!
注意

分割請求からの割引のため、支払期間(戸建て:60回、マンション:24回)内にauひかりを解約してしまうと、残債を一括支払いする必要があります。

またauひかりの開通月のみ、新規契約事務手数料3,000円がかかってきますので、覚えておいてくださいね。

【解約費用】引越しなどで乗り換える場合はいくらかかる?

引越しなどでauひかりを解約しなくてはいけなくなった場合は、違約金や撤去費用が掛かってきます。

<auひかりの違約金(契約解除料)>
【ホーム】
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
15,000円
【ホーム】
ギガ得プラン
(2年契約)
9,500円
【マンション】
タイプG・都市機構G
お得プランA(2年契約)
9,500円
【マンション】
上記以外のタイプ
お得プランA(2年契約)
7,000円

※標準プランの場合や、契約更新期間に解約した場合は無料です

ホームプランは、解約時に28,800円の撤去工事費用を必ず支払わなければなりません。
※2018年3月1日以降に申し込みの場合

ちなみに引越し先でもauひかりを継続して利用する場合は、違約金はかかりません。

ただし元の住所の撤去工事・引越し先の開通工事費用が必要となります。

auひかりの料金は他社と比べて高い?安い?

auひかりの料金は、他社回線と比べて高いのか安いのか気になりますよね。

auひかりの料金を他社と比較した表が以下の通りです。

<光回線の料金比較一覧表>
戸建て
月額料金
マンション
月額料金
キャンペーンスマホ割初期工事費
auひかり5,100円3,400円
~5,000円
50,000円CBau実質無料
So-net光2,980円~1,980円~月額料金割引au実質無料
BIGLOBE光4,980円3,980円26,000円CBau実質無料
@nifty光5,200円3,980円30,000円CBau実質無料
ドコモ光5,200円4,000円5,500円CB&
dポイント5,000pt
ドコモ無料(※1)
ソフトバンク光5,200円3,800円33,000円CBソフトバンク24,000円(※2)
NURO光4,743円4,743円45,000円CBソフトバンク実質無料
フレッツ光5,200円~3,550円~15,000円~18,000円

※2020年6月時点の情報
※CB=キャッシュバックのこと
※キャッシュバック(CB)は、ネットのみ申込みの場合の金額
※フレッツ光はプロバイダ料金として、月額料金に500円プラスしています
※1:ドコモ光の公式特典より。ドコモ光に新規申し込みし、申込月含む7ヶ月以内に利用開始した場合
※2:400円×60ヶ月の分割払い

月額料金だけでみると、auひかりが特別安く設定されているということはありません。

しかしauひかりは代理店キャッシュバックをはじめとした各種キャンペーンが充実しているので、結果的に利用料金を安く済ませられる傾向があります。

ちなみにauスマホとの割引「auスマートバリュー」は、auひかりのほかに「So-net光」「BIGLOBE光」「@nifty光」でも適用できますので、auひかりがエリア外の方は検討してみてくださいね。

auひかりの料金に関する評判は?「安い」という声が多い

auひかりの料金について、実際に利用中の方のTwitterでの口コミを調べたところ、スマホがauなのでauひかりが安いといった方が多く見られました。

スマホだけでなく、電力会社もauにまとめるとより安く、管理も楽になりますね。

スマホと光回線をauでまとめた場合、スマホの乗り換えをためらってしまうことになりますね。

一方で、auひかりは解約の際の費用が高いといった口コミも何件か見つかりました。

auひかりの契約解除料は、ずっとギガ得プラン(ホーム3年契約)で15,000円もかかります。

撤去工事費用28,800円と合わせると、解約費用は実に4万円超えにもなってしまいます。

なお解約金の負担を軽くするには、ソフトバンク光などの乗り換えキャンペーンを実施している回線を選ぶといいですよ。

auひかりの料金を節約するカギは申込窓口とプラン内容

auひかりの月額料金は他社回線と同じくらいで設定されています。

しかしauひかりの場合、申込キャッシュバックや「auスマートバリュー」をはじめとした各種キャンペーンが充実しているため、結果として利用料金を安くすることができますよ。

では、auひかりをお得に契約できる窓口はいったいどこなのでしょうか。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
おもなauひかりの申込窓口のキャンペーン内容について、以下で比較してみたよ!
<auひかりの申込窓口比較表>
窓口名実質月額料金キャンペーン合計受取時期キャンペーン条件手続き方法
GMOとくとくBB
(CB)
3,247円最大61,000円CB2回に分けられる
・12ヶ月目
・24ヶ月目
ネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大51,000円)
11ヶ月目、23ヶ月目にメールで申請
GMOとくとくBB
(割引)
3,417円最大34,900円割引
+20,000円CB
2回に分けられる
・12ヶ月目
・24ヶ月目
ネット+ひかり電話11ヶ月目、23ヶ月目にメールで申請
So-net3,467円最大合計53,100円割引開通月より適用ネット自動的に適用
フルコミット3,761円最大60,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
ネット+ひかり電話
(ネットのみだと50,000円)
①申し込みの電話口
②契約後に届く書類に沿って申請
NEXT3,983円最大52,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
ネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大45,000円)
①申し込みの電話口
②メールに沿って手続き
NNコミュニケーションズ3,983円最大52,000円CB2回に分けられる
・最短翌月末
・4ヶ月後
ネット+ひかり電話
(ネットのみだと最大45,000円)
①申し込みの電話口
②メールに沿って手続き
アシタエクリエイト4,178円最大45,000円CB最短翌月末ネット申し込みの電話口で完了
BIGLOBE4,039円最大50,000円CB2回に分けられる
・11ヶ月目
・24ヶ月目
ネット11ヶ月目、24ヶ月目にマイページで申請
253,761円最大60,000円CB最短11ヶ月目ネット+ひかり電話+即日申込+指定オプション10ヶ月目に書面で手続き
グローバルキャスト3,761円最大60,000円CB最短7ヶ月後ネット+ひかり電話+即日申込+指定オプション6ヶ月目に書面で手続き

※2020年6月時点の情報
※実質月額料金:事務手数料+auひかりホーム月額料金(ネット+電話)36ヶ月分-CB料金/36
※月額料金割引の場合は、割引後の価格で算出
※CB=キャッシュバックのことです
※キャッシュバック・割引金額は、窓口の独自キャンペーン額のみを算出

比較した結果、auひかりを安く利用できる申込窓口は、以下の二つといえます。

auひかりオススメ窓口

  • GMOとくとくBB:auひかりの実質利用料金がもっとも安くなる
  • So-net:月額料金割引で確実に安くなる、キャンペーン申請が不要
  • 代理店フルコミット:最大60,000円の高額キャッシュバックが最短4ヶ月後にもらえる

それぞれくわしくご紹介していきましょう。

GMOとくとくBBなら実質利用料金がもっとも安くなる

出典:GMOとくとくBB公式サイト

各窓口の、キャッシュバック・月額割引キャンペーンを考慮しての実質利用料金を計算した結果、GMOとくとくBBがもっとも実質料金が安くなるということがわかりました。

GMOとくとくBBには、高額キャッシュバック窓口と月額料金割引窓口のふたつがあります。

2020年6月時点の情報で、auひかりのホーム・マンションタイプどちらについても、より実質利用料金を安くできるのは、高額キャッシュバック窓口の方です。

最大51,000円のキャッシュバックを、auひかりの料金支払いに充てることで、実質料金を安くすることができますよ。

<GMOとくとくBB(CB)のキャッシュバック金額>
ホームタイプ
ずっとギガ得プラン・ギガ得プラン12ヶ月目:30,500円
24ヶ月目:30,500円
標準プラン12ヶ月目:10,000円
24ヶ月目:10,000円
マンションタイプ
お得プラン・お得プランA12ヶ月目:25,500円
24ヶ月目:25,500円
標準プラン12ヶ月目:10,000円
24ヶ月目:10,000円
※2020年6月時点の情報です
※キャッシュバックは、ネット+ひかり電話を契約した場合の金額です
※ひかり電話なしの場合は、2回分の合計金額から10,000円減額されます

ホームタイプ・マンションタイプともに、キャッシュバックの受取りは2回に分かれます

開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に、基本メールアドレス宛に届くキャッシュバック振込口座の確認メールに返信すると、それぞれ翌月末日(営業日)に口座振り込みされますよ。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
キャッシュバックの振込口座確認メールは、GMOとくとくBB入会時に作ったメールアドレスに届くので、注意してね!

実質月額料金をとにかく安くしたい方は、ぜひGMOとくとくBBからauひかりを申し込んでくださいね。

So-netでは月額料金割引キャンペーンを実施中

auひかりSo-net
出典:So-net公式サイト

auひかりの月額料金そのものを安くしたいなら、プロバイダSo-netからのお申し込みがオススメです。

So-netでは月額料金割引キャンペーンが自動で適用されるので、au公式に比べて3年間で最大合計53,100円分も安くauひかりを利用できます。

<ホームタイプ:月額割引額>
契約期間割引額/月割引後月額料金
1~11ヶ月目-2,245円3,480円
12~23ヶ月目-2,145円3,480円
24~36ヶ月目-2,045円3,480円

※2020年6月時点の情報
※ずっとギガ得プラン(3年契約)の場合

<マンションタイプ:月額割引額>
契約期間割引額/月割引後月額料金
1~24ヶ月目3,070円1,580~2,280円
(建物タイプによって異なる)

※2020年6月時点の情報
※マンションF(S)の場合は割引額が異なります
※マンションミニギガの場合は含めません

キャンペーンを適用することで、ホームタイプでは3,480円で、マンションタイプV16ではなんと1,980円でauひかりが利用できるようになります。

割引キャンペーンはSo-netからauひかりを申し込むことで自動的に適用されますので、申請を忘れて損することもありません。

キャッシュバックの手続きが面倒な方や、申請を忘れそうで不安な方には、So-netからの申し込みがオススメといえますよ。

他にもKDDI主催のキャンペーンにて、ひかり電話の月額利用料が60ヶ月無料になったり、テレビサービス料金が割引されます。

auひかり×So-netのKDDI主催キャンペーン

  • ひかり電話月額利用料(通常500円)が60ヶ月無料(戸建ての場合)
  • テレビサービス プラチナセレクトパック最大2ヶ月無料

早めに高額キャッシュバックが欲しいなら代理店フルコミット

auひかりフルコミット
出典:フルコミット公式サイト

開通後すぐに高額キャッシュバックを受け取りたい方は、正規代理店フルコミットからのお申し込みがオススメです。

<フルコミットのキャンペーン情報>
キャッシュバック金額最大60,000円
適用条件ネット+ひかり電話
(ネットのみの契約ではCB額50,000円)
契約プロバイダSo-net
受取時期2回に分けられる
・最短翌月末
・最短4ヶ月後

※2020年6月時点の情報
※CB=キャッシュバックのこと
※上記に加え、auひかり公式キャンペーンが受けられます

フルコミットでは、最短翌月末に最大60,000円ものキャッシュバックを受け取れます。

光ネットとひかり電話の契約で60,000円が、光ネットのみの契約でも50,000円のキャッシュバックがもらえます。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
ひかり電話はauスマートバリューや工事費実質無料キャンペーンを適用させるために必要だから、ぜひ加入することをオススメするよ!

キャッシュバックは、代理店フルコミットから振り込まれる分と、プロバイダSo-netから振り込まれる分の2回に分けられます。

<auひかり申込キャッシュバック>
特典元振り込み時期申請方法
フルコミット最短翌月末電話口で完了
So-net4ヶ月後契約後に届く書類に沿って申請

振り込みは2回に分かれるものの、他窓口よりも速い「最短翌月末」に戸建てタイプは35,000円、マンションタイプは40,000円(ネットのみの場合は戸建て25,000円、マンション30,000円)がまず振り込まれるのは大きな魅力といえますよ。

契約中の方は無駄なオプションがないか確認

現在契約中の方で、auひかりの料金が高いとお考えの方であれば、ひょっとしたら不要なオプションに加入したままになっているのかもしれません。

auひかりを申し込む際、申込窓口によってはキャンペーン適用のためにプロバイダのオプション加入が必要なところもあります。

キャンペーン適用のための必須オプションの例

セキュリティセット・プレミアム、プロバイダお助けサポート、あんしんバックアップ、エンジョイプラス、暮らしのあんしん相談など

もちろんオプションすべてが悪いサービスというわけではありませんが、毎月数百円のオプションでもたくさん合わせればかなりの出費となるというもの。

毎月の料金明細を見直して、不要なオプションに加入していないか定期的に確認するといいでしょう。

https://zeushi-kun.jp/wp-content/uploads/2020/02/auhikari-zeusi.jpg
ゼウシちゃん
ちりも積もればなんとやら…毎月の料金明細のチェックは大切なんだね!

ちなみに今回、申込窓口としてオススメしているSo-net、フルコミットに関しては、キャンペーンを適用するためにひかり電話以外のオプション加入義務などはありませんので、安心してくださいね。

auスマートバリューの適用も忘れずに

auひかりを安く利用するためには、auスマートバリューの適用も忘れてはなりません。

auスマートバリューとは

  • auひかりとauスマホをセットで利用することで、スマホ月額料金から最大1,000円が割引されるサービスのこと
  • 家族みんなのauスマホ最大10回線まで割引適用できる
auスマートバリュー適用条件
  • auひかり(または対象のインターネットサービス)+ひかり電話とauスマホを契約していること
  • 「同一姓・同一住所」または「異姓・同一住所・家族割加入」のauスマホに適用できる
  • 50歳以上の家族であれば、住所が違っていても大丈夫
  • 申し込み翌月以降から割引適用される

auスマートバリューはスマホ料金が割引されるので、ご家庭の通信費を節約できるといえますね。

auスマートバリューの割引金額は、契約中のスマホプランによって異なってきます。

<auスマホの各契約プランごとの1ヶ月分割引額>
新auピタットプランN(1GB未満)割引されません
新auピタットプランN(1GB~7GB)500円
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
1,000円
auピタットプランN(s)(2GB未満)500円
auピタッとプランN(s)(2GB~20GB)1,000円

※2020年6月時点で、新規受付中のスマホプランのみ掲載しています
※そのほかのプランについてはau公式サイトをご確認ください

auスマートバリューは家族分最大10台のauスマホが対象になるので、ご家族が多い方であればその分割引額が増えるとてもお得なサービスですね。

auスマートバリューの申し込みは、My auや電話、auショップで手続きできます。

My au:https://www.au.com/my-au/
電話番号:0077-7-111 (受付時間は9時~20時)

まとめ

auひかりの月額料金は、そのままでは他社回線と同じくらいの金額設定です。

auひかりの月額料金

ホーム:5,100円
マンション:3,400~5,000円

しかし以下のようなキャンペーンが充実していることから、結果的に安く利用できるといえます。

<auひかりのおもなキャンペーン>
auスマートバリューauひかり+ひかり電話でauスマホ料金が毎月最大1,000円割引
初期費用相当額割引ひかり電話加入により初期工事費が実質無料
①月額料金割引
キャンペーン
auひかりホームの月額料金が5,100円→3,480円
auひかりマンションの月額料金が3,800円→1,980円(※1)
②申込キャッシュバック最大60,000円(※2)

※①、②は申込窓口キャンペーンなので、併用できません
※月額料金割引はホームずっとギガ得プラン、マンションタイプV16の場合の金額です
※1:So-netで申し込んだ場合
※2:フルコミットで申し込んだ場合

とくにauスマートバリューを適用すると、毎月の通信費を大幅に安くすることができます。

auひかりの申込窓口を比較した結果、以下の窓口からの契約がオススメだとわかりました。

auひかりオススメ申込窓口
  • GMOとくとくBB:auひかりの実質利用料金をもっとも安くできる
  • So-net:月額料金割引で確実に安くなる、キャンペーン申請が不要
  • 代理店フルコミット:最大60,000円の高額キャッシュバックが最短4ヶ月後にもらえる

この機会にぜひ、auひかりを検討してみてくださいね。