0303_504_280

本日3月3日といえばひな祭り。その由来は、古くは平安時代まで遡ることをご存知ですか? 中国から日本に伝わった「人日・上巳・端午・七夕・重陽」の節句は「五節句」として平安貴族の間で広まりました。そのうちの1つ「上巳(じょうし)の節句」では、3月の巳の日に、紙で作った人形(ひとがた)で体を撫でて穢れ(けがれ)を移し、身代りに川に流すことで心身を清めるということが行なわれていました。今も各地で行なわれている「流し雛」に、その名残を見ることができます。

また、平安貴族のお姫様達は普段、小さな人形を「雛(ひいな)」と呼び、現代の女の子がおままごとをするように遊んでいました。かの『源氏物語』でも、ヒロインの紫上が少女時代に「雛遊び」に夢中になる場面が描かれています。時代の流れとともに、人形を流す「上巳の節句」と、人形遊びの文化が結びついて、現代のような「ひな祭り」となったのです。

ところで、「♪お花をあげましょ 桃の花」と歌われているように、ひな祭りには桃の花がつきもの。実は3月上旬はまだ寒く、桃の花は咲いていません。旧暦の3月は4月初旬にあたり、ちょうど桃の花が見ごろを迎える時候だったので、桃の節句と呼ぶようになったそうです。

桃の実には、カリウムやペクチンなど、女性にうれしい栄養分がたっぷり。そこで今回はひな祭りにピッタリな、“桃”を使ったお肉料理をご紹介します。お肉に果物なんて意外な組み合わせのように思われますが、実は西洋では、お肉にフルーツソースを合わせるのは一般的。果物の甘みと、お肉の相性がいいのです!

桃のソースを作るには、桃を適度な大きさに切って、レモン汁や砂糖、水を加えて煮ます。とろみ付けには、水で溶いた片栗粉を加えて、もうひと煮立ちさせればOK。お好みのお肉にかけて召しあがれ。

また、食べごろの桃を丸ごと使って、豚肉の塊と一緒にオーブンで焼けば、「豚肉と桃のロースト」の出来上がり。塊肉の代わりに”モモ”肉を使ってもいいかもしれませんよ~。是非お試しあれ!

ぼくのほっぺも桃色

[参考]

『お雛さまをたずねて』(JTB)藤田順子著


2014年03月3日更新

お肉関連情報(肉全般)

桃の節句ひな祭り 今年は“モモ”肉料理で祝おう!