1212_504_280_4

女性らしい体つきとは、どのような体型をイメージしますか? ダイエットに勤しむ人や興味を持っている人は多いと思いますが、ただ単に痩せていれば女性らしい体つきということではありません。出るところは出て、しめるところはしめる。滑らかな曲線美を描いたボディラインは、女性の美しさの象徴と言えるかもしれません。

その“女性らしさ”を生み出すホルモンがあり、それが「エストロゲン」です。エストロゲンは女性ホルモンの1種で別名「美肌ホルモン」とも呼ばれています。
卵巣の脂肪組織から分泌されて、肌の潤いや女性らしい丸みを帯びた体つきになるように促すだけでなく、脳の活動を活発にする役割もあるのだとか。
このエストロゲンの分泌を助けるのに、実は「肉」が一役買っているのです。豚や牛、鶏などの肉全般に含まれる脂肪分やたんぱく質がエストロゲンの分泌を促す効果があるからです。

ダイエット中の人は肉の脂肪分の摂取は大敵だと思い避けがちですが、エストロゲンが減少すると、女性らしい体つきを維持できなくなります。そればかりか、月経不順、肌の衰えや劣化、髪のツヤが失われ枝毛や切れ毛が増える、気分の落ち込みやイライラなど、女性らしい美しさやメンタルにまで悪影響が出ます。しかも年齢とともにエストロゲンは減少していくので、エストロゲンの促進効果のある食材を絶ってしまうと、更年期を迎えた女性は、動脈硬化や骨粗しょう症を起こしやすくなるそうです。

かといって、高脂肪の肉ばかりとればいいかというと、そうではありません。適度な脂肪の摂取が、健康的かつ美しい体を作ります。牛や豚でいうと「かた」「ヒレ」にあたります。また、エストロゲンは卵巣で作られるため、卵巣を元気にしなければなりません。卵巣を元気にするには、血液の質を高めることが必要。血液の質を高めるためには、良質なたんぱく質をとることが効果的です。良質なたんぱく質をとるには適度な脂肪を含んだ「肉」を積極的にとった方がいいと言われています。

というわけで、お肉を食べていつまでも健康的な女性らしさを手に入れましょう。

お肉をモリモリ食べる女性は素敵!

[参考]
『知っておいしい肉辞典』(実業之日本社)


2013年12月12日更新

健康・栄養

「かた」は女性の味方-肉の脂肪分やたんぱく質が健康的な女性らしい体を作る!