504_2807

賛否両論わかれる酢豚のパイナップル問題。「あの甘さが許せない! おかずじゃないじゃん!」と存在そのものを否定する方もいるようですが(ちなみに橋下徹大阪市市長も嫌いと話題になりました)、実はあの組み合わせ、豚肉の食べ方としては“正解”なようです。

パイナップルにはタンパク質を分解する「ブロメリン(ブロメライン)」という酵素が含まれています。これを一緒に食べることで、豚肉のタンパク質を分解し、胃腸の負担を軽め、消化吸収を高める効果があると言われています。つまり酢豚のパイナップルが栄養吸収をアシストするというわけです。

ただし、ブロメリンは60℃以上で加熱すると効果が失われてしまいます。缶詰のパイナップルは加熱処理されているので、それでは意味が……。とはいえ、パイナップルにはビタミンA・Cや食物繊維など豚肉には含まれていない栄養素もあるので、栄養バランスを考えると、やはりあったほうがいいのです。

ちなみに酢豚のパイナップル以外にも「豚肉とドライフルーツのシチュー」や「バナナの豚肉巻き」、「豚肉フルーツ焼き」など、豚肉とフルーツの組み合わせレシピは数多くあるようです。フルーツの甘さが苦手でも、あなた好みの“豚肉+フルーツ”レシピを探してみませんか?

よし、今日から研究だ!

[参考]


2013年11月20日更新

お肉企画

果実+肉=ベストマッチ? 酢豚にパイナップルも正解だった