504_280

街には牛丼チェーン店や焼肉屋があふれ、家庭でも当たり前のように振る舞われる牛肉。いまや、日本人の食卓には欠かせないものですが、実は江戸時代に食用禁止されていた過去があることをご存知でしょうか?

その理由として有力な説は、大乗仏教の経典「大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)」がルーツであるというもの。ここに肉食を禁ずる戒律が出てくるため、仏教を実質的に国教としていた江戸幕府がこれに倣ったとされています。ただし、たとえ禁止されていてもおいしければ食べたくなるのが人間の性。実際は庶民の間にも肉食文化は普及していたという話も……。

ともあれ、明治時代に入って肉食が解禁。すきやきは文明開化を象徴する食べ物として流行し、1872年(明治5年)1月24日には、明治天皇が初めて牛肉を食べたとされています。こうして晴れて、日本人が長らく禁止され、食べられなかった時代が終わったのです。

しかし、どの時代でも特権者はいるもの。そんな江戸時代でも公然と牛肉を食べていたのが、将軍家や諸国の大名たち、そして「彦根藩」の人々です。いまや近江牛を特産品とする滋賀県。現在の彦根市などを治めていた彦根藩では、味噌漬けなど牛肉を加工した「反本丸(へんぽんがん)」を養老品、つまりは薬として製造し、流通させていたのです。さらに、名産品として幕府などに献上していたとか。水戸藩主の徳川斉昭は、特に大好物であったとも言われています。

幕末期の名君の一人として称される徳川斉昭、そのバイタリティの源は実はお肉にあったのかもしれませんね。

ぼくのお肉はとらないでね

[参考]


2013年11月14日更新

お肉関連情報(肉全般)

薬の代用?「桜田門外の変」の原因?江戸時代から食べられた希少なお肉とは