504_280

これまで中高年にとって肉食は肥満の原因で、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす元とさえ言われてきました。そうした“肉害悪論”が先行してしまったために、過度な肉食忌避をする高齢者も多いようです。でも、そんな粗食系シニアの皆様に知っていただきたいお話があります。

『介護されたくないなら粗食はやめなさい』(講談社プラスアルファ新書)の著者で人間総合科学大学・人間学部健康栄養学科の熊谷修教授はこう言います。

「まず、高齢者の健康問題の本質は病気よりも老化にあると思ってください。卵や肉を食べると高血圧、高コレステロールが心配といいますが、高齢者にとってそのような問題は無関係とまでは言いませんが、気にする必要はありません。それよりもいかに老化の速度を抑えるかが重要です。そのためにはやはり粗食はよくない。粗食はむしろ老化の速度を速めますから」

高齢者の認知症や脳卒中、心筋梗塞などは低栄養が大きな原因とのデータもあるそうです。また、太った人より痩せている人ほど要介護になりやすいのだとか。

一方、たっぷり栄養をとっている高齢者ほど、認知症・脳卒中になりにくいのが実態。高齢者の粗食って、実は危ないんですね。熊谷教授はこう続けます。

「老化とは簡単にいうと骨と筋肉が弱くなる体の変化を意味します。ですから骨と筋肉が弱くならないような食事とは何かを考えていただきたいわけです。そこで注目したいのが、からだのたんぱく質の栄養指標“血清アルブミン”です。血清アルブミンは炎症を抑え、身体の酸化と脱水を防ぐ優れた性質があり、老化防止に必須です。そんなアルブミンを増やすのにもっとも適した食材が肉!

肉は飽和脂肪酸が多く、エネルギーに転化されやすい特性をもつため、同時に摂取する良質なたんぱく質を骨と筋肉にするのに好都合。ですから慣れ親しんだ日本食をベースに、適度に欧米化した多様性に富んだ肉食を心がけることで、老化を遅らせることができるのです」

高齢者はとかく食が細くなりがち。意識的に肉食を心がけることこそが、健やかな日々を送れる秘訣といえそうです。

日常的にお肉を食べていれば貧血や転倒、骨折のリスクは減り、老化を遅らせる効果も期待できます。また熊谷教授も指摘されていましたが、70歳以降は心臓病のリスクも低下するためコレステロールを意識的に抑える必要はあまり意味がないとか。

飽食の時代と言われて久しいですが、その中で肉は何かと“悪者”扱いをされがち。しかし、昨今、その常識が覆されようとしています。そう、肉や野菜をバランスよく食べてこそ若さを保つ秘訣。いつまでも健やかに若々しくいるために、お肉もしっかり食べましょう!

お肉を悪者にしないでね


2013年11月12日更新

健康・栄養

本当は危ない老人の粗食 「肉食系シニア」のススメ